仕事の疑問

月300時間労働すると心と体は〇〇になる。実体験を交えてやめとけという結論を語る

投稿日:2019年8月30日 更新日:

皆さんは月に300時間働いたことがありますか?

私はあります。

自分めっちゃ働いてます(どやぁ)

ってなってる人たまにいるけど

sasakiさん
あれめっちゃ気持ちわりーよね。そう思えるくらいなので自分はまだ洗脳はされてないぞ

そんな僕ですが過去に100時間ほど残業をした経験があり、それが原因で嫌気がさし仕事を辞めた経験があります。

そして今現在……

長時間残業が嫌で仕事を辞めたのにも関わらず今の働き方をよくよく考えてみると普通に300時間超えてしまっていました。

sasakiさん
やっちまってるねw

どうりで体も心もきついはずだ。

なんて今現在思ってるわけなんですけども。

その内訳としては

  • 本業22日勤務計算176時間。本業での時間超過勤務時間月約15時間ほど
  • 土日のパチンコ店でのバイト7時間×8日 で56時間。
  • 帰宅してから副業としてマーケティング業務、ライター業務、 自サイトの運営等で1日約2時間×30日=60時間

合計176+15+56+60=307時間

おいおいおいおいおいwww

そう考えると単純に307から176を引いた数は131時間。それくらい自分は残業してることになります。

sasakiさん
前のお仕事を辞めた原因が残業という矛盾な

まぁ、ということで前置きはこれくらいにして今回は月に300時間も働くってどういうことなのっていう部分に触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

過労死ラインってどれくらい?

日本では約80時間から100時間残業してお亡くなりになってしまった際に過労死として認定されるというような形になっています。

なので過労死のラインとしては80時間からということになるんですよね。

sasakiさん
100時間残業とか生ぬるいとか仕方ないとか思ってるやつでてこい。びんたして目覚まさしてやる。

でも自分の場合その時間は副業をしている時間なのでどこも責めることができません。

世知辛いのぅ…

300時間働くことによって感じる心の変化

こんな素敵な300時間労働なんですけどもこれくらい働くことによって体や心にどのような変化が起きるかという風について次は触れて行くよ。

当たり前だとは思うけども300時間ほど働くと自分の時間というのが取れても1日1時間から2時間くらいですね。

この時は大いに羽を伸ばして Netflix や YouTube を見るようにしていますが、本当は寝たいと思っています。

でもせっかくの自分の時間を寝ることだけに費やすというのが悔しくて目を真っ赤にしながら動画を視聴しているというような悲しい毎日を送っています。

そしてそれくらい働いてしまうと集中力や断能力というのが著しく低下しているなというのがしみじみ感じることができます。

普段なら何か仕事が入った際はその仕事の中での最優先事項を見極めてそこからパパッと仕事をこなすんですけども、 勤務時間が長くなるといま自分が何をしているのかすらはよくわからなくなるときが多々増えてきました。

そして慢性的な睡眠不足。

普段そんなに眠くならないような人間なんですけども最近では日中のお昼休みが終わった後くらいに自分でもビックリするぐらい首がカックンカックンしています。

そしてたまに記憶がない時もあります。

 

これが一番辛いなと思ってる部分なんですけども、 頭の中が休まれている瞬間があまりないです。

常に何かしらのお仕事のことについて考えていて、趣味の時間を楽しんでいる時でも、家族と一緒にどこかに出かけている時でも、仕事という黒いモヤモヤがいつまでも自分の頭の中を被っているような気分になります。

例えば、今日は家族とお出かけしたから

  • そのぶんの時間をどこかで挽回しなければいけない。
  • ということは終わってから何時から何時までやろう。
  • そういえばあれもやらなければいけないことがあったな。
  • いやいや待て待て、資料を作らなきゃいけないところもあるぞ。

なんて考えてるとお願いされた仕事の量は変わらないのに何故か頭の中ではそれ以上の仕事を抱えているような気分になってしまい思考がパンクしかけます。

キャパオーバーというわけではないんですけども終わりが見えないものを延々と長時間行うことになるので精神的には正直かなりつらいです。

まあ今もこうして眠い目をこすりながらこうして記事を書いてるわけなんですけどもま記事を書くこと自体は好きなのでこの時間がむしろ癒しになってるような感じです。

sasakiさん
といっても記事を書きながらでも黒いモヤモヤは晴れないんですけどね

私のこの300時間働くという生活は去年の12月からスタートしています。

理由としては 単純に収入が足りないから。

 

家族四人を養っていくことができないので無理矢理にでも仕事をこなさなければならない。

そういう状態です。 でもね。

さすがに思った。

sasakiさん
このままじゃ自分やべえ。
sasakiさん
頭が確実にクラッシュする。

てことで今この記事を書いている今現在、 パチンコ店でのバイトは何とか止めようとして頑張ってます。

そしてついに Web ライターやマーケティングの副業をすることで収入が上がりやめることができるようになりました。

土日に7時間働くから7かける8で56時間。そう。 毎月56時間という時間を自由に過ごせるようになったんですね。

sasakiさん
俺は幸せだなぁ。

なんて思ってるんですけどよくよく考えるとまだ250時間近く毎月働いてるんですよね。頭がマヒしているようです。

sasakiさん
急に心臓がとくとくし始めて、残業に恋し始めたかこれは?と思ったけど多分不整脈です。ありがとうございます。

300時間働くいう地獄を抜け出すべき

ここまで300時間働くと こんだけ疲れるんだぜという部分を書きました。

では次にどうやったらこの地獄から抜け出せるの?という部分について触れていきたいと思います。

答えは簡単です。

お金さえあればこんなことしなくていいよね。

後は断る勇気があればこんなことしなくていいよね。

例えばお金がなくて300時間働くんだったら、転職すりゃいいじゃん?

お金には特に困ってないのに300時間働いてるんだったら、断ればいいじゃん?

 

自分は今の本名が好きなので転職するっていう考えはないんですね。

だからこそ自分の力で稼げる副業での収入を増やすことによって時間に余裕を持つように頑張っています。

自分は昔は残業が100時間ほどの職場で働いたことがありますが、ある程度貯金ができてそれでいて副業での収入も入ってきていた状態の時があったんですね?

その時はもう普通に断ってました。

佐々木君残業できる?

sasakiさん
お疲れ様でした。

これで OK です。何も気にすることない。

だってそんなに働いたら

  • 疲れるじゃん?
  • 大変じゃん?
  • 好きなことやりてーじゃん?

最近まで300時間働いてた男がこんなこと言うのはあるかもしれないんですけど、自由に生きようぜ。

sasakiさん
大丈夫。君ならできるよ。

これだけは言わせて!一番伝えたいこと

とまあここまで300時間働くというのはここまで疲れるんだよという部分とどうすればその地獄から抜け出せるのかという部分についてお話をさせていただきました。

常に頭がぼーっとしてしまうし、自分の頭の中で整理が全くできない。こんな状態になりたくないですよね?

もしも今300時間働いていて疲れ果てているというのであれば、何も迷うことありません。

有給とろう。

もしも誰かがそれを阻止しようとしてきても何にも気にする必要ありません。

1日2日休んでどうにかなるものではないんですけど、多少は思考力が回復するので自分の体を大切に、 一番に優先すべきことは仕事ややらなければいけないことではなくて自分だということを再認識してください。

ということで今回の記事終わり。

サンキュ!!!

「断れない」自分が「断れる」人間になれた方法とかいろいろ詳しく話す

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事の疑問
-,

Copyright© ササログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.