変わりたい

誰もが一度は気になること

変わりたいと思う方にこれまで私が幾度も変わってきたきっかけや体験を話します

投稿日:

変わりたい…なぜ自分を変えることが難しいんだろう…と感じ、悩む日々に苦しんではいませんか?

  • もっと素直になれたら…
  • 自分の意見がはっきり言えたら…
  • 笑顔でいれたら…

などのように変わりたい対象は決まっていて、変わろうと意識し頑張っているのに変われない…

生きてきた年数分考えや性格が固執してしまうのでなかなか難しいんですよね…

私は生まれてから今まで

引っ込み思案

いじめられっこ←元いじめられっこだった自分がいじめから全力で抜け出した話

明るい性格

自分の意見が言えない

はっきり思ったことを言える→適当に生きてみたら人生変わった…適当の魅力を熱く語ります

 

というように何度も変わってきました。

このように自分を変えたきっかけや体験などを詳しく記事にまとめることによって、変わりたいと思い悩んでいる方のなにかヒントになると思います!

ではさっそくスタートです!

スポンサーリンク

引っ込み思案でいじめられていた子供時代

小中学校はいじめられてましたねー。

  • 傘を壊されたり
  • う○こ踏まされたり
  • 命令に逆らえなくてみんなの前で恥をかかされたり
  • いじりというより暴力だったり…
sasakiさん
俺なんか悪いことしたの????

なにも悪いことをしていないのにいじめられて…そんな理不尽な毎日を過ごしていました。

当時の自分はイケイケなグループの人がとてもうらやましく(いじめられないし優遇されるため)、そんな人になりたいと思いながらも根本的に引っ込み思案なのでそれを行動に移すことが出来ずにすごく悔しかったです。

 

そんな当時の自分が出来たことが

自分より立場の弱い人をいじること

でした。

sasakiさん
最低だよね

ですがあることをきっかけにそんな最低な性格を変えることが出来たのです。

子供時代の自分を変えたきっかけ

「りょうくんって人のこといじることしか出来ないよね。つまんないから辞めたほうがいいよ。」

友人にそういわれて、

sasakiさん
はっっ!!!!!!!

と気付くわけです。

いじめられている鬱憤を自分よりも立場の低い人をいじって優越感に浸っている自分のダサさに気づいたんです。

上記の発言がきっかけとなり

「自虐ネタ」

「誰に対しても平等」

という新境地にたどり着きました。

それからは友人も増え、いじめられることもなくなり、気づけば次第に引っ込み思案から自分が変わりたいと夢見ていた明るい性格へと変わっていきました。

sasakiさん
ズバッといってくれた友人には本当に感謝してるほんとにありがとう!

はっきり言ってくれる人がいると変わることが出来る

上記の経験でわかったことは

sasakiさん
ズバズバ正直に言ってくれる人がいると変われるよね!

ということです。

あなたの周りにはそんな人はいませんか?もしくはいたとしても素直に受け止めていないのではないでしょうか?

私は思うんですが

自分の変わり方は自分で考えるよりも相手の方がよくわかってるんですよ。

私が変われるときって誰かにズバッと言われて変われたことが多かったんですね?

だからこそ、相手の言葉はどんな言葉でも素直に受け入れることがとても大事なんです。

 

自分ではどうしようもないことを言われて

sasakiさん
うるせぇわ!!!w

と言いたい気持ちはありますが、それをグッとこらえて

sasakiさん
それが出来るようになるためにはどうすればいい?

と聞くんです。そうすると自分が今まででは考えもつかなかった相手の視点からのアドバイスが貰えます。

自分と性格が離れている人の輪に入ると変われる

社会に出てどんな理不尽も我慢しなければいけないものだと疑いもしなかった自分。

つらい気持ちをわかってほしくて、愚痴を言うのですが周りには

「そんなの当たり前じゃん!それが社会に出るってことでしょ」

なんて言われて、受け入れるしかないのか…と思いながら上司のパワハラに耐えていた20歳。

でもある時

「嫌なんでしょ?嫌なのに我慢するって馬鹿臭くね?そんなアホくさいこと死ぬまで続けんの?社会人の前に人間としてどうなのよ???」

「1%でも自分が悪くない要素あるなら胸はっていいんだわ!自分が悪いとか言ってるけど、どうせ相手にムカついてるんでしょ?ムカついたらどうするの?また我慢するの?ダッサ!!!」

「グチグチ言ってたってさー。結局それを相手に口に出して言えないんなら意味ないじゃん。で、また同じようにグチグチいってさ。同じグチグチ言い合える仲間探すわけ?はっきり言うけど、めっちゃカッコわりーからね?ださいの極み。事態は解決してないし、何も変わらない。ただどんどん自分がダサくなるだけ。」

といってくれた友人のおかげで今までの価値観がぶっ壊れましたね。

sasakiさん
確かに…なんでこの俺があんなだっせーおっさんにヘコヘコしてるんだ?うぉぉぉおぉぉぉぉおぉ!!!よし!明日辞めるわ!自分がこんなにださい人間になってたとは思いもしなかったよ!

今まではそれが大人であって、自分の気持を押し殺すことが素晴らしいことだと勘違いしていました。

友人のおかげでNOといえる勇気を持てたし、好きなことをすればいいんだと思えたし、それが今につながっています。

こんな素敵な友人がいなかったら私はパワハラを受けていた職場をやめれずにダウンしていたかもしれません。

 

このように自分と価値観が違う友人を持つことで、悪い方向に向かうこともありますが、いい方向に変わることも出来るんです。

  • おしゃれな友人と一緒ならおしゃれに気を使うようになる
  • 面白い友人と一緒なら巧みな話術を身につけられる
  • ポジティブな友人と一緒なら楽観的になれる
  • 冷静な友人と一緒にいれば考える癖がつく

当たり前のことですが、付き合う人によって自然と変われるんですよね。

今あなたの周りの人間はどのような人たちでしょうか?

はっきりいいますが、自分と同じような性格の人たちだらけだったとすれば変わるのは無理に近いでしょう。

sasakiさん
言い方は悪いけど、変な奴らといれば変なやつになっちゃうんだわねー。

 

まとめ

今回は「変わりたい」という方の参考になるように私が変わったきっかけを通して変わる方法を紹介しました。

私が変わったときは必ず誰かの「言葉」がありました。

その「言葉」をどう受け止めるかがキーポイントになるでしょう。

今までの自分を振り返って笑い話に出来るのならばきっと変われたという証拠になるでしょう。

  • いじめられていたことも
  • パワハラを受けていたことも
  • いつまでもうじうじしていたことも

今ではヘラヘラと笑いながら私は話せます。

sasakiさん
いやーあのときはパワハラ辛かったですよ〜。え?いやいやまったく恨んでないですよ〜。たまにふと○してやろうかなっておもうくらいですwwww

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

今回の記事に関連する記事を合わせて紹介しますね〜。

自分に自信がない人の特徴から見えてきた4つの自信の持ち方←おすすめだぜ!

頑張っても報われない人と報われる人の大きな違いを教えようと思う

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-誰もが一度は気になること
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.