努力できない

性格の疑問や悩み 誰もが一度は気になること

努力ができないと悩んでいた私が努力できるようになった3ステップ

投稿日:

本当は努力したい。なにかにむかってひたむきに取り組みたいという気持ちはあるのに、面倒と思ってしまったり、自分には無理だと決めつけてしまったり、飽きっぽかったりなど努力ができないことで悩むかたはいませんか?

筆者もどちらかといえば努力ができない人間です。努力したいけどできないと言ったほうがいいでしょうか。

そんな私ですが、今は努力してる?と聞かれたら

sasakiさん
してるよ

と胸を張って言えます。

今回は努力ができないとお悩みの方のために私が努力できるようになった詳しい方法をわかりやすいステップ方式で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

私が努力できなかった時代

努力できない

努力をするようになったのはつい数年前からで、それまでは自分は努力することは向いてないと思っていました。

しかし、ひたむきに頑張っている人ってかっこよく見えるじゃないですか?

本当は努力したいけど、できないから自分の中で気持ちがくすぶっているというか…そんな当時の自分ができることは頑張っている人に対して

sasakiさん
そんなに頑張ってどうするの?ださっ

と思うことでした。最低ですよね?自分ができないからって羨む相手に対して敵意を持ってるってことですからね…

頑張ろう!!!と意気込んでもそれが持つのはせいぜい一週間ほどでそんな自分に嫌気がさして

sasakiさん
どうせ自分は努力とは無縁の人生を歩むんだ…

なんてすねてた部分がありました。

そんな自分が努力をするきっかけになったこと、努力ができるようになるまでに工夫したことなどを紹介していきます。

努力できるようになった!その3ステップ

努力できない

ステップ1.今の自分の生き方に危機感を持ち向き合う

どんな方にも将来の不安はありますし、そのために努力しなければいけないことが必ずある。ということは誰しもが理解していることだと思います。

そんな危機感に今までの自分は向き合わずに遊んで不安感を誤魔化したりなどをしていました。

でもそれじゃ何も変わらないですし、将来の自分の首を絞めるだけなんです。

まずは危機感を持ち、その危機感から逃げずに向き合うことが努力をするきっかけになるでしょう。

ステップ2.何をするべきなのか?何をしたいのかを明確にする

いくら自分の生き方に危機感を持って向き合うことができたとしても、ぞれじゃあ何をするか?という部分が不透明ならば努力ンはできません。

努力ができない人は自分に自信がない、チャレンジ精神がないという特徴があるので、がむしゃらに進むというのができないんです(私もそうだった)

だからこそ、自分がこれから進む道を明確にする必要があります。

自分が好きなことややりたいこと、得意なことをメモ紙にでも書き出していきましょう。

  • 好きなことをするための費用は?なにをしなければいけない?
  • やりたいことにかかる費用は?必要な資格は?経験は?
  • 得意なことを伸ばすためにはどうしたらいい?何が必要?

のように自分の中で問いかけながら答えを出していきましょう。

それを繰り返していると

今現在なにを優先して行えばいいのか?

がわかってきます。

仕事でもそうですが入社したての時って「こんなのできっこないよ…」と思ってしまうものじゃないですか?

でも詳しく教えられたり、自分で工夫をしていく中で自然とできて当たり前くらいのレベルに到達するじゃないですか?

それは道筋がある程度用意されているからだと私は思います。

努力ができない人はその道筋が不透明だからこそ、一歩が進めないんです。

自分が努力するための道筋は誰も用意してくれません。だからこそ自分で自問自答を繰り返し道筋を作ることが非常に大事なのです。

なにを優先すればいいのかさえわかってしまえばその一歩を踏み出すのがとて楽に感じます。

 

億劫なことでも一歩進んでしまえばなんとかなるように一歩さえ進んでしまえばそれじゃ次行こうか!と次第に意欲が沸いてきます。

まずはその努力するための一歩を進むために自分がやりたいことの明確化を行いましょう!

sasakiさん
自分の場合は 仕事辛い→自由になりたい→同じ悩みを持つ人の力になりたい→ホームページ作るか→あれ?お金になるぞ→よし、腰を据えてやってみるか(ここから努力)だね

スポンサーリンク

ステップ3.焦らず少しずつ少しずつ

努力っていってしまえばどれだけ継続できるか?だと思うんです。

どんなことにしても継続して努力をすることによって日の目を浴びるっていうことがほとんどじゃないですか?

ということは努力の一歩を踏み出した以上、歩き続けなければいけないんですよ。

多くの努力ができない人はここで躓くはずです。

努力しているのにいつまでも目に見える成果がついてこない…自分のやっていることは本当に正しいことなのだろうか?など疑心暗鬼になってしまう部分も当然あると思います。

ただ、そこで終わってしまえばもう終わりなんですよ。続きから始めるのは無理なんですよ。

なので焦らずに少しずつ、少しずつを意識してください!

努力できない人の特徴として自分の調子がいい時は10の作業をして調子が悪い時は「この間結構やったから今日はいいか」なんて考え、どんどんと努力をすることが億劫になってしまい結局やらなくなって自分を責めるの繰り返しになるという特徴があります。

大事なことは

調子が良くても悪くても気分の浮き沈みがあっても1を積み重ね続けることです

そんなの一日で100やれば三ヶ月くらいは何もしなくてもいいじゃんと思う方もいるかもしれませんが、結果は違ってくるのです。

わかりやすい例を言うと、10キロの道のりを走るとします。全力で走った人は当然早く着きます。ゆっくり走った人は当然遅く付きます。

10キロを走ったという結果は変わりませんが、全力で走った人は体も酷使していますし、走ることだけに集中していたので10キロ走ったというだけで終わってしまいます。

一方ゆっくり着実に走った人は走る中で様々な景色を見たり、自分の体の負担にならないペースや走り方などを見つけることができます。

何が言いたいかといいますと、ゆっくりでも少しづつ進んでいると考える時間ができるんです。考える時間があればもっとこうした方がいいんじゃないか?これはこうした方がいいのか!など工夫や気づきが必ずあります。

時間をかけることによって自分が行っているものがより良いものになってくるのです。

熱い感情に任せてガツガツいってしまうとうまくいかなかったという壁にぶつかった時にやる気がなくなって努力することを諦めてしまうことが多いです。

そうならないためにも少しずつ着実にという考え方を意識したほうが努力はできるはずです。

sasakiさん
もっとしたい!って思うときはあるけど、やらない勇気が大事ってこと

まとめ

今回は「努力できない」ということをテーマに今まで努力をしたかったのにできなかった自分が努力をすることができるようになった方法を3ステップで紹介しました。

なにかに対して努力をしている人はかっこいいですよね。

それは分かっていても自分は努力ができないから…と悩んでいる方の力になりたいと思い今回の記事を書かせていただきました。

今回の記事を読んだことによってすこしでも参考になったことがあったならば幸いです

この記事と関連する記事も紹介させていただきます。ぜひ合わせて読んでみてください

考えすぎる性格が原因で失ってしまうものと解決策

何もしたくないと思う原因と早く立ち直るため実際に行っている3つの方法

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-性格の疑問や悩み, 誰もが一度は気になること
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.