仕事が嫌い

働くのが嫌いというのはそう思わせる「仕組み」、そしてあなたが一番の原因です

投稿日:

働くのが嫌いだー!!

だりー!!!

なんて声は居酒屋なんかに行けば耳にするような言葉ですが、

sasakiさん
彼らは本当に働くことが嫌いなのかな?

と自分は思っちゃうんです。

sasakiさん
いやいや、働くことっておもしれーことだよ!誰かの役に立つし、その上お金までもらえるんだぜ?

 

と自分は思うんですけど、そう思わない人もいるわけで…

ということで今回は

 

sasakiさん
この差って何なの?

 

という疑問を解決しながら、なぜ働くの嫌いになってしまうのか?という部分を記事にしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

気軽に仕事を変えられないと嫌いになるかもしれない

きっとね、働くのが嫌いだと思っている人は現在の「仕事」が嫌いだと思うんです。

何万何千とある仕事の中には絶対に輝ける仕事はあるはず。

 

でもさ、転職回数が多いってことは少なからず、相手からは良く思われないという現実がある。

sasakiさん
自分が本当に輝ける場所を求めて転職を繰り返しました!これからも探し、自分を高めていきます!

なんて言ったらやる気があるのか、すぐ辞めるのかどっちかわかんねぇよ!!!と思われ

不採用

となってしまうでしょう。

 

こういう見えない鎖につながれているような感覚。これがすごくやるせなくなるんだよね。

 

働きたくない。やめたい。でもそのあとどうする?

やめて困るより続けてたほうがましか…orめんどくせぇor自分はこういうとこでしか働けないから…

働くの嫌いだー

という地獄のループに入ってしまう。

 

自分はね。そう思っちゃうのほんっともったいないと思う。

 

接客業→製造業→アフィリエイト→ウェブ制作・ウェブライターという無駄にカテゴリ違いの職種を転々としてきた自分は声を大にして言いたい!

sasakiさん
ほんとに嫌だ!嫌いだ!って思った瞬間が動き出す超ベストタイミングだ!

と。

それはなぜかというと、いやだ!嫌いだ!という気持ちが高まっている時こそ、その気持ちを原動力に変えることができるからですよ。

 

自分の場合(※途中よろしくない表現があります)

 

・接客業時代1

無駄にサービス残業させられんのだりぃ。帰ると協調性がないとおもわれるとかどんな地獄だよ!

そんなの上司の前ではおりこうちゃんなあいつらにやらせとけよwwwもう無理!面白そうな接客探そ!

・接客業時代2

お客様うるさい。わがまますぎ!!そして上司怖い。怒られんのやだ!!もう無理!

もう人の相手はいいや!愛想笑い疲れるわ!製造業行くぞ製造業!

・製造業時代2

無駄に残業なげぇwww生産性上がってもモチベーション下がるわ。

50~60になっても残業させられまくってる人をみると

「自分もああなるんだろな」

と吐き気がする。もう無理!!残業ないとこいこう残業ないとこ!!!

製造業時代2

残業少ないけど、なーんかめんどくせぇ。大企業病的な、なんでも確認しないとダメ!みたいなのめんどくせぇw

残業させるために残業させて説得するとか狂気の沙汰だよ!!もう無理!!!

俺はこんなところで、終われねー!!!

アフィリエイト

パソコンでサイト作って稼ぐぜー!!

うおーーーうまくいかねー!!!もう無理。

ウェブ制作・ウェブライター時代←現在

ここだ、ここだったんだ…。やっと見つけた。無理って言わないよ

 

というようにいっぱい動き回ってきましたし、壁にぶつかりまくっては文句を垂れて違う場所を探してきました。

転職回数多いのは…とかいうけどさ!

 

sasakiさん
1つのことを10極められるのもすごいけど、いろんなことを1知ってる人だってすごいんだぞ!

 

働くの嫌いだーっていう人にはまず動き回ってほしい。なにも改善しようとせず、嫌いだとか言いながらもしがみついてるなら

sasakiさん
最初から嫌いなんて言っちゃダメ

 

働くということの意味を勘違いしている

お給料は苦労し、我慢して得るもの。みたいな言葉あるじゃないですか?

 

働くということも

  • 我慢するもの
  • 苦労するもの
  • 嫌な思いをするもの
  • 会社・上司の意見は絶対
  • 理不尽なもの

って勘違いしてませんか?そんなこと思ってたら働くのが嫌いになって当然ですよね。

上記みたいなこと誰が言いました?

逆に楽しんで働いちゃダメなの?

なんて私は突っ込んじゃうんですが、本質を見失っちゃいけないですよ。要は会社は利益が出ればいいんです。

しっかり結果さえ残せば、上記のようなことなんて何一つ悩む必要なんてないんです。

 

みんなとニコニコお話して、あー楽しかった。ってお給料もらったってなんの問題もありません。

 

「みんなはそう思ってないからさぁ…」

 

ではなくて

 

sasakiさん
そういうのは”俺”が変えていけばいい。

くらいの勢いをもったほうがいいと思います。

 

この発言は確実に賛否両論だと思いますが、いやなこと嫌いなことを1日に8時間以上費やす地獄に比べたら、こう考えたほうが合理的というか…そう思いません?

 

働くことって本来は”楽しいこと” マイナスに思い込んで自分で働くことをつまらなくしているのだとしたらそれはすぐにでも考え直すべきだと思います。

sasakiさん
社会人になると自分がやったことに”責任”が発生するだけで”不自由”なわけじゃないんだ!なにをするのもどう思うのも自由なんだ!

 

結局は自分次第になっちゃうんだけどね…

ここまでいろいろと書いてきましたが、働くのを嫌いになるのも好きになるのも

自分次第

なんですよね。

環境のせいにして悪態ついてたって現状は一切変わらないんですね。

自分が変える。または変わらないといつまでたっても嫌いなままです。

 

もちろん嫌いなまま我慢して働き続けるのも、勇気を出して変える努力をするのもあなたが決めることです。だって自由なんですから。

せっかく自由が与えられているのに、見えないもの縛られるのは自分は嫌だったので、変える決意をしました。

 

その変えるという行動に責任をしっかり持って、後悔しないように頑張れば、誰も悪く言う人なんていません。

嫌いなものを好きになる努力は難しいけれども、好きなことを見つけることはそこまで難しいことではありません。

なぜかって?

sasakiさん
いろんな体験をとりあえずやってみればいいだけだからだぜ!

 

その体験は知識になり、どのような話題にも対応可能になったり(このおかげで人間関係の構築がすごく楽になった)

様々なことをやってきたという自信から、ほかのことにもチャレンジしたくなったり(このおかげでライターのお仕事をくれる人を見つけた)

体験を通して広い視野で物事を考えることができるようになったり(常識にとらわれなくなった)

 

自分は今のところいいことだらけです。

 

今回の記事をここまで読んでくれたということは働くことが嫌いなことをなんとかしたいという気持ちを持っているのだと思います。

ぜひ今回の記事を参考にできる部分は参考にし、今後の人生に役立てていただけると幸いです。

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!!

sasakiさん
「サンキュー!今回の記事と合わせて読むといいかも!って記事をピックアップしたから読んでみてね!」

 

自分に自信がない人の特徴から見えてきた4つの自信の持ち方

 

ポジティブな私が様々な落ち込みがちな場面でどう感じているのかを紹介していく

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事が嫌い
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.