実体験

平成生まれの男子が泣いて懐かしむいかしたおもちゃなんかを振り返ろうと思う

投稿日:

はいどうもこんにちは。

ささログを運営している佐々木僚です。

今回もゆるーく記事を書いていきたいと思います。

今回の記事のテーマはズバリ子供の頃楽しかった思い出あるある。

…はい。とまぁ誰に需要があるのか?

という疑問が自分の中でも旋風を巻き起こしておりますが、まぁ何かしら需要はあるよね?

ということでさっそく記事を書いていきたいと思います。

sasakiさん
自分は今三十歳なので三十歳の方が記事を読めばあー確かにあるあると思ってもらえるかもしれないです。

スポンサーリンク

ウルトラマンのゲームをしてもらえるめんこ集めてた


これね。自分にとってはすごく思い入れが深いです。

思い入れが深いとか言っておきながらそのめんこ全部なくしたんですけどね。

これがねー当日すごく夢中になってたんですよレアなやつだとまず素材が違ってさせキラキラ光ってるんですよ

かっこよくてね。

sasakiさん
あれ?もしかして今これプレミアついてるんじゃないかな?

なんてこの歳になってヤフーオークションとかで調べてみたら普通に安くて悲しくなりました。でも大事な思いです。

指でこするやつ

次は指でこすってあったかくするとその絵が出てくるやつ。

これは流行りましたよね。俺の中では。確か心もとない量のラムネが入ってたような…

キーホルダー上になってて何かにつけるんですけど子供なのでそういったキーホルダーをつけるものがなくてただ純粋に持ち歩きたいというだけ。それだけの気持ちでした・

自分が特に好きだったのはドラゴンボール GT のこするとキラキラした絵が出てくるやつ。

 

最終的にこするのめんどくさくてこたつに突っ込んだりストーブであっためて溶かしたりなんてしてましたけどこれもねすごく思い入れが深いです。とか言っておきながらこれももうないんですよね。

泡ぶろ

あと泡風呂。自分が幼稚園の頃だったかな。

今から25年前くらいかな?

当時自分はなぜかね外人はあお風呂に入ってるというのはわかっていて、すごく憧れてたんですよ。

なので親に怒られるのを覚悟の上で、小さな桶に水を貯めてそこにシャンプーをぶち込んでよくかき混ぜて泡立ててから湯船にそれを打ち込むということをよくやっていました。

そしてある日 CM で見てしまったんですよ。

お風呂を泡風呂にするための液体を。

 

この時ばかりは本当に興奮してしまってお母さんに無理やり頼んでなんとか近くのイトーヨーカドーで買ってもらった記憶があります。

使ってみたはいいもののそこまで泡立ちが良いわけではなくて自分が憧れていたほんとに水がない泡だけのお風呂という夢にまで見た世界を味わうことはできませんでした。

 

がしかしこれもすごく思い入れが深いですね。

途中なんですけどここまで三つの懐かしいやーつを書きました。

sasakiさん
どう考えてもあるあるだよね。いや知らないよーなんて言わせない。

よし続きいってみよう。

ファービー

次にファービーだよね。

当時はさ、もしかしたら会話できるんじゃない?

なんてすごい興奮してましたよ。

ずっと親にも欲しい欲しいっておねだりしてて、でもなかなか買ってもらえなかったんですよ。

周りにも持ってる人もいないし男の自分がこんな人形を欲しがってるってのは友達にも知られたくなかったので黙ってたんですよ。

自分は手に入れるのは無理なのかなと思ってた頃に、親がよくパチンコに行ってたんですけども、その日は運良く大勝ちしたようでなんと景品のファービーを買ってきてくれました。

当時の自分はね、本当に嬉しくて嬉しくて嬉しくてもお母さんにありがとうありがとうと言ってました。

早速電池を入れ電源をつける。

子供ながらにとてつもなくわくわくしてました。

がしかしファービーが言ってることが全然わからなかったんですよ。

いくら話しかけても変な言葉              しか話さないので、そういうものなのかな?

と子供ながらに勝手に解釈してなんですけども、

よくよく見たら

インドネシア

のやつだった。

sasakiさん
そりゃ何いってっか分からんわ

ということでねこれもいい思い出でございますよ。

 

後は今も流行ってるかもしれないけれども遊戯王カードとかね。

自分が小学校低学年くらいの頃に出てきたのかな?

ブラックマジシャンや青眼の白龍なんかが強いと言われていた時代ですね。

確か自分はランチャースパイダーを使ってましたね。

ルールもよくわかんないので友達が青眼の白龍を使った時点で自分の負けが確定するという。

そして忘れもしないブルーアイズホワイトゾンビの存在。あいつよえーのね。

あと自分はベイブレードだね。

あれはね。そうとう熱かったね。

と言ってもお金がないから変なカスタムもしないし、ドラグーンとかそういう高いやつじゃなくてホームセンターとかで398円とかで売ってた雑魚キャラみたいなベイブレード買ってました。

当時はね、ドラグーンの紐のやつが長いんだよね。あれで目を怪我するような子供達が激増したのを覚えています。

あと自分が小学校に上がるくらいにやっと PlayStation が出てきましたね。といっても特に思い出はないなこれは。

後はあれだねたまごっちだよね。

彼は当時のみんなが持ってたものなんじゃない?自分はすごい田舎に住んでるんだけどそんな田舎でさえも抽選券が配られて人が何百人も集まってたのを今でも覚えてます。

そこで抽選に当たってみんなに自慢しましたね。

でも自分は結構あの適当な性格なのでほぼヘビッチになってしまってあきました。

あの頃だとさ、パチもんがいっぱいあるのね?恐竜育てるやつとかさ、

あとわけわかんないやつ育てるとか。最終的に人気がないから100均とかで売ってたりとかしてね。

みんな大好きトイストーリー

あと自分のベストオブあるある思い出は幼稚園から小学校辞める頃かな?初めて映画で見たトイストーリーが最高に面白かったの覚えてるな。

住んでるところが田舎だからあまり映画館とかもなくて遠いのね?

そこに親に連れてってもらってさ。

普段まず食べないマクドナルドのハッピーセットをさ買ってもらってね。

ハンバーガーもこんなうまいのかなんて思いながらトイストーリーめっちゃ面白い。

という思い出がいつまでも自分の胸にしがみついて離れません。

ということで今回は自分だけではないですねきっと皆さんもあるあるですよね?

令和元年の三十歳が見たら思わず頷いてしまう子供の思い出あるあるを紹介させていただきました。

こすると絵が出てくるやつなんて聞いただけで

sasakiさん
うおおおおおおお

となったのではないでしょうか?自分だけか?

ということで今回はここら辺で終わりにしたいと思います。頑張って記事書いてるからまた見に来てくださいね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-実体験

Copyright© ササログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.