副業禁止にする理由

仕事の疑問 副業の現実

企業が副業禁止にしたがる4つの理由とそれでも私が副業を辞めないワケ

投稿日:

副業としてサイト運営やライター、スキルマーケット出品、単発バイトなどを積極的に行っていますsasakiと申します。

みなさんの勤めている会社は副業禁止という就業規則がありませんか?

私の場合、今働いているところは副業禁止ですし、今までの会社も副業禁止とされている会社でした。

ですが、私は副業をしていますし、正直辞めるつもりもありません。

そんな副業禁止と考えたときに

「なぜわざわざ副業を禁止にする必要があるのだろうか?」

と思いませんか?

今回はなぜ会社は副業を禁止にするのか?その理由とそれでもなぜ私は副業をやめないのかについて記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ企業は副業を禁止にするところが多いの?

企業が副業を禁止にする理由

古い考えを持っているから

今時副業くらいしてもいいじゃないか…と思う方の割合はどちらかといえば若い世代の方の方が多いでしょう。

それはなぜかというと40.50代の方たちが働いてきた職場の環境について考えていけばおのずとわかってきます。

  • 昔は景気がよかったので副業をする必要がなかった
  • 企業に尽くすことが一番とされてきた時代で副業をするなど御法度だった
  • 副業ということが今ほど多様化していなくあまり認知されていなかった

などの背景から40.50代の方たちは副業をするということに対してどちらかといえばあまり良くは思っていないという方が多いのです。

今の社会はそんな40.50代の方たちが上の立場になり、会社の行く末の舵を取っています。

上の立場の方の考えはその会社の社風に繋がり、副業が禁止になるというわけです。

こういった会社の特徴として

  • 大企業
  • 地方の中小企業
  • 製造、営業などの堅い部類の職種

が挙げられます。やはり昔からの考えを大切にしていたり、副業に対しての理解不足などが主な原因です。

副業するくらいなら本業に打ち込んで給料を上げる努力をしろ!ということですね。

大企業だからこその見栄

自分の会社の社員が副業をしているということはその企業のことをまったく知らない人にとっては

「そこの会社だけでは生活ができないから副業しているのではないか…?」

と思われる可能性があるのです。

大企業なんかはこういった傾向が強く、大きい企業だからこそしっかりと社員に給料として還元しているということを会社以外の方にも思われなければいけないのです。

「なーんだ。あそこは大きい企業だけど、副業するくらい給料が少ないのかな?」

と思われてしまっては会社のブランドに傷がついてしまいます。

信用、イメージを大企業は何よりも大事にします。

だからこそ、そういった見栄のようなものを守るためにも副業は禁止と就業規則に載せる必要があるのです。

自社の技術やノウハウを使われてしまう可能性があるから

これが一番の理由なのではないでしょうか?どこの会社にも「社外秘」というものがあります。

例えば営業で働いていたとして、商品を成約させるための「会社独自」のマニュアルを利用して個人で営業をかけてその収入を副業として得ていたとします。

そうなると会社にとっては非常に困るんです。自社が収益を得るためのノウハウを社員に利用され、利益を挙げられてしまうと自分たちの利益が純粋に減ってしまうんです。

一人だけならそこまでのお金は動きませんが、それがもし、ほかの企業に知られてしまったら…?どうなるかは誰でも想像できるかと思います。

こういったリスクを抱えたくないからこそ、副業を禁止にするといった企業が存在するのです。

社員の副業が原因で会社存続の危機に陥ってしまったら元も子もないですしね…

本業に支障が出てしまうから

「いやいやいや!差し支えないように副業してるから!」

「だったら毎日飲み歩いてるのはいいのかよ!?」

と思う方が絶対にいると思います。私も以前はそう思っていました。ですが実はこの本業に支障が出るということは副業をしている人自身のことや時間の管理だけを指しているわけではないのです。

例えば、同じ職場の人に副業をしていることが知られてしまったとします。人によって受け取り方は違いますが

  • あいつばかりずるい!
  • うらやましい!
  • 本業だけに打ち込めよ!

など何かしらの嫉妬の気持ちは持つものです。こうなりますと聞いた人は「あいつ副業してるらしいよ」などと話題にしてしまうので、副業をしていることが様々な人に知られてしまい、職場の人間関係に支障が出ます。

そして「おれもやってみたい!」と言って副業を始めた人が、その結果本業に支障が出るかどうかはわからないのです。

このように支障が出るということは本人に対してだけ言っているわけではないのです。

会社としてはなるべくなら面倒は起こしたくないというのが本音ですのでこうした事態を避けるためにも副業を禁止にしているというところが多いのです。

スポンサーリンク

それでも私が副業をやめない理由

副業をやめない理由

これまで長々となぜ副業を禁止にしている企業があるのかを紹介してきましたが、それでも私は副業を辞めるつもりは正直言って毛頭ありません。

その理由についてこれから書いていきたいと思います。

収入源が1つだけという危険

よくよく考えてください。自分が生活をしていくための収入源が勤めている会社だけというのは危険だと思いませんか?

そんな1つの柱が崩れてしまった時に誰が自分の生活を支えていくのでしょうか?そうです

自分しかいないのです。

いくら必死に働いてこようが成果を出そうが、リストラや倒産してしまった時には何も残らないのです。

だからこそ、副業を通して人脈を作っておくことや、自分のチカラだけですこしでも収益を生み出すことができる知識、ノウハウが私は必要不可欠だと思うのです。

そんなもしもなんてまず起きない!と思うのは構いませんが、何か起きたときに一番に困るのは自分なので、私は副業が禁止だとしても辞めることはしません。

sasakiさん
会社が面倒を見てくれるのは働いている時だけだよ。あなたより会社の存続の方が大事なんだから!存続のためにはリストラもするしね。

自分の意見が言えなくなるから

会社で自分の意見や考えを言うことができなかったり、はっきりと断れないことで悩むことはないでしょうか?

いわゆる「YESマン」ですが、私はその根本的原因が上記で紹介した収入源が1つしかないからだと感じています。

生きていくために必要なお金がそこでしか得ることができないんですから、嫌なことでも理不尽でもしがみつくしかないのです。

 

うつ病や過労死などが世間を賑わせていますが、こうした背景が強いからだと感じます。

言い方は悪いですがそのおかげで会社は人をこき使うことができるのです。副業をされて、金銭、心の余裕から自分の意見を言うようになってしまったらたまったものじゃありません。

企業と人は本来は共に歩んでいくべきなのですが、会社からの押しつけに従うしかないというのが現状です。

自分を守るため、自分はこう思う、それは違うのではないのでは?とはっきり言うことが出来る後ろ盾を持つためにも私は副業を辞めないのです。

sasakiさん
断れないんじゃないだよね。最初から断らないように手を打ってあるのよ

会社員をしながらの副業が一番心の余裕が持てる働き方だと思うから

会社員というある程度の安定を持ちながら副業で+αの収入を得ることが一番、心の余裕が持てる働き方なのではないかと私は思います。

会社員として最低保証額は確保できている状態で副業でも稼ぐというのは真の安定だと思いますし、副業の方がうまくいけばタイミングを見計らいながら独立することもできます。

副業をする理由はありますが、会社員を辞める理由はないですしね。

企業は倒産をしないために様々なリスクヘッジを行うのに対して個人がリスクヘッジを行うのは会社にとって都合が悪いからダメ!というのがまず「前提として通らない」話なんです。

最近では国を挙げて副業を推奨していこうと発言はしていますが、企業が乗り気ではないのは純粋に「都合が悪い」からです。

ですがそれは私たちとは関係のない話です。

自分が満足でき、心の余裕を確保できて人生を良い方向に向かわせることができるのなら副業は禁止とされていてもすべきです。

これらが私が副業が禁止されていても副業をする理由になります。

sasakiさん
調和や集団行動が大事なのはものすごくわかる!自分もそう思うけども、個人も同じくらい大事なんだよ!というのがわかってない人が多いんだよねぇ

まとめ

今回は

  1. なぜ副業を禁止にする企業が多いのか?
  2. なざ副業が禁止されていても私は副業をするのか?

について記事を書かせていただきました。

企業に対して悪く言うような記事になってしまいましたが、企業が考えていることにも当然一理ありますし、自分が経営者ならどうするか…と悩んでしまうでしょうね。

副業をしてはダメか?よいか?を決めるのは企業ですが副業をするのか?しないのか?を決めるのは自分です。

今回の記事を読んで、なぜ副業を禁止にしたいのか?という企業の気持ちは理解できたと思います。

そこから導き出せる副業が禁止の企業で副業をする最低限のマナーとして

■副業が禁止とされているところで副業をするときのマナー

  1. ✔絶対に自分が副業をしていることを話さない(SNSなどにも注意を払う)
  2. ✔会社の人に見つかるリスクがある副業は避ける
  3. ✔ネットなどで副業をする場合は顔を出さない、個人が特定される情報を書かない
  4. ✔会社の社外秘については絶対に利用しない

これらのことを守る必要があります。こうしたように会社に対しての思うやりも大事になりますのでこれから副業をしてみたいと考えている方は上記の点を守ることを意識して副業をしましょう!

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事の疑問, 副業の現実
-,

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.