イクメン

日常生活の悩み 男女間の悩み、疑問

イクメンとは?イクメンという言葉に嫌悪感を感じる私が子を持つ親に伝えたいこと

投稿日:2018年4月2日 更新日:

どうも5歳の女の子と3歳の男の子の親のsasakiryoです!

最近では男性も育児や家事を積極的に行ういわゆる「イクメン」なる言葉が様々な人に認知されつつありますが、私は「イクメン」ではありません。ただの「普通のお父さん」です。

厳密に言うと「イクメン」という言葉が私は嫌いです。

家族がお互いに協力し合い子育てや仕事、家事をこなすのはごくごく普通のことであり、それに対して協力的な男性を「イクメン」とたたえ上げられている今の状況がちょっとおかしいのではないのかな?と思うからです。

イクメンとは?

育児や家事を積極的に行う男性を指す言葉

今回はそんな「イクメン」という言葉をテーマに

  • なぜ私は嫌悪感を覚えるのか?
  • イクメンによるデメリット
  • お父さんに伝えたいこと
  • お母さんに伝えたいこと

などを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

なぜ私(男)は「イクメン」という言葉に嫌悪感を抱くのか?

イクメン

これについては冒頭で述べたように育児をすることに男も女も関係がないと思っているからです。

たしかに昔は男は働いてお金を稼ぎ、女は家事や育児というような固定概念のようなものはありましたが、今はそれがどんどんと薄れてきています。私はそれが変わったというより普通に戻ってきたと感じます。

  • 子供のオムツを替える
  • 食事を作る
  • 子供と遊ぶ
  • 皿を洗う
  • ゴミを出す
  • 洗濯ものがあれば畳む

こういうことって別に男女間で分ける必要はないと思いませんか?

分けなくてもお互いが気づいたときにやればいいですし、それを

「嫌だ!」

「おれ(私)は働いてるんだから!」

「疲れてるんだから!」

というようであれば夫婦間の中は当たり前のように悪くなりますし、そんな部分を子どもに見せるわけにもいかないじゃないですか?

ごくごく普通の「父親」をしているだけで「イクメン」ともてはやされるのは正直気に食わないですし、私がもしイクメンと呼ばれたら複雑な気持ちになります。

子供も妻も好きだからこそ、自然にできるわけで巷で「イクメン」と言われていることが時間があるにも関わらずできない、やらないということは「お父さん」としてどうなの?と私は思います。

こういったことが理由で私は「イクメン」という言葉に嫌悪感を覚えるのです。

「イクメン」によるデメリット

イクメンとは

「イクメン」によるデメリットってないんじゃないの?と思う方が多いと思いますが、正直言って結構なデメリットが隠れているんです。

そんなイクメンによるデメリットを紹介していきたいと思います。

勘違いイクメンが増える

遠まわしにみて「イクメン」と思うような人はもしかしたらイクメンではないかもしれないです。

  1. 人がいるところだけ「イクメン」アピール
  2. 自分がやりたい時だけ「イクメン」
  3. 遊びに行く場所は「自分がいきたいところ」
  4. 「イクメン」ぶりをSNSでアピール

こういった勘違いイクメンがいると奥様にとっては不快感極まりないですよね…?

このように「イクメン」という言葉が広まってきて、そんな「イクメン」ぶりをアピールするために言い方は悪いかもしれませんが自分の子供をだしにつかうような旦那さんも中にはいます。

これはイクメンという言葉が認知されてきたからこそ起こることであって、勘違いしている人に共通していることが

~してやってる

と思っていることです。

  • 仕事が忙しいけど、家事もしっかり手伝ってやってる
  • 友人と遊ぶのを我慢して子供と遊んでやってる
  • たまに料理を作ってやってる

こういったように~してやってるという気持ちに当てはまる旦那さんはいませんか?

そういった態度は言葉に出さずとも行動に出ています。

こういった考えはただの~してやってる自分はすごい!偉い!

という自己満足でしかないので、一度考え直してみてはいかがでしょうか?

妻が思う「イクメン」を強要される

家事や育児を協力して行う「イクメン」が増えてきているのはいいことなのですが、上記のように勘違いイクメンなどがSNSなどで自分のイクメンっぷりを投稿するとそれをみた他の奥様からすると

「あの人は家事や育児を手伝ってもらってずるい!」

という気持ちになる奥様も希にいます。

「イクメン」という形は私は様々だと思うんです。

家族のことを思い、すこしでも生活に余裕ができるようにと頑張って働いている人も「イクメン」だと思うんです。

男性一人一人理想の父親像というのは違うので、「イクメン」という言葉を育児や家事を積極的に行うという部分だけスポットライトを当ててしまうのは私は違うんじゃない?と思います。

その部分だけを妻に強要されて「イクメン」になってと言われても男性としては困ってしまう部分もありますよね?

このように「イクメン」という言葉によって奥様側にも、旦那様側にもデメリットは存在するのです。

sasakiさん
イクメンを利用して自分の負担を減らそうとする人も中にはいるからねぇ…

スポンサーリンク

父親に伝えたいこと

イクメン

イクメンという言葉に惑わされないでください。

上記で書いたよう人それぞれ「父親像」というのは違います。

仕事だけをやってればいい!という一方的すぎる考えはあまりよろしくないと思いますが、自分が思う父親像に向かって邁進することがいい「お父さん」になる方法なのではないでしょうか?

別に家事!!育児!!と難しく考える必要はないんですよ。

ただ妻と子供と一緒に生きていくと考えるだけで自然となにをすればいいのかなんてわかってくるものじゃないですか?

好きな人が喜んでくれると嬉しいですよね?仕事でもプライベートでも困っていれば助けるし疲れているなら手を差し伸べる。これが家庭ではなぜかできない。というのはおかしい話じゃないですか?

お父さんに一番理解してほしいことは

あなたが一番偉いわけがないでしょ?

ということです。子供も妻も、それだけじゃなく会社の部下だって同僚だってみんな人間なんです。

反抗だってするし、嫌なことは顔に出ちゃうし、嬉しい時は笑うし、悲しいと泣くんです。

俺は偉いんだぞアピールをする上司に憧れますか?自分もいずれああなって威張り散らしてやる!なんて考えますか?

大事なのは思いやりと人と平等に付き合うことです。

この2つが出来るだけできっといい「お父さん」になれるはずです。

 

家族が大事だからこそ、多少無理をしてでも働いて家族を養っているというお父さんもいることでしょう。そんなあなたも立派な「お父さん」なんです。

ただ、優先しすぎると本当に大事なものが見えなくなってしまうので、たまには仕事のことなんて全部ほっぽり出して家族と過ごしてみませんか?

母親に伝えたいこと

イクメン

もしも、「お父さん」になろうと頑張っている旦那さんの姿を見たらどうか怒らないでください。

たしかに

  • 皿は洗ったけど、拭いてない
  • お風呂は洗ったけど湯を張ってない
  • 洗濯物は取り込んだけど、畳んでない
  • 子供の面倒は見てたけど歯磨きやおむつ交換をしてなかった

というように普段慣れないことをしているためかどこか抜けてしまうことは多々あると思います。

それでもあなたのため、子供のためにやったという事実は変わらないんですから

「ありがとう」

という一言を言っていただけたら、夫婦仲も良くなりますし、より「お父さん」として邁進していこうと旦那さんも思うはずです。

それ以外にも仕事が終わればお互いに

「お疲れ様」

などのお互いを思いやる言葉を忘れないようにしてください。

子供がいることで「母親」も「父親」も成長していくものですので、お互いがお互いを尊重し合い、楽しい生活を送れるような

言葉のチョイス

を心がけてほしいなと私は思います。

sasakiさん
ちなみに勘違いイクメンだとしたらはっきり言ってあげたほうがいいと思うよ!

まとめ

今回は「イクメン」をテーマに記事を書かせていただきました。

  • イクメンという言葉にたいして嫌悪感を感じる理由
  • イクメンという言葉が原因でのデメリット
  • 父親に伝えたいこと
  • 母親に伝えたいこと

大まかに分けて4つのことを記事に書かせていただきました。

今回の記事を読んだ方の家族が幸せに、楽しい毎日を遅れることを祈っています。

今回の記事に関連する記事も合わせて紹介させていただきますので、ぜひ合わせて読んでみてください!

子供が勝手にゲームで課金…実際体験してわかった対処法と対策を紹介

結婚できない男性の特徴を既婚男子が5つ挙げてみる

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-日常生活の悩み, 男女間の悩み、疑問

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.