努力できない

心の悩み 性格の悩み

気が弱い人は利用されやすい!自分は優しいんだと勘違いしないことが大事!

投稿日:2018年9月12日 更新日:

気が弱いことで損をしてしまったり、思い通りにいかなかったりなど…そんな経験をしたことはありませんか?

正直なことを言ってしまうと気が弱いことはデメリットが大きいです。

sasakiさん
うじうじしてたり、言いたいことも言えない人を見ると頑張れ!!!ってなる

でもそれは自分の力だけでは変えることは難しいと思います。

なので今回はそんな気の弱い方のちからに少しでもなりたいと思い、おこがましいかもしれませんが、アドバイスのようなものをさせていただきたいと思います。

と、その前に私について少し紹介させていただきますね!

私は、中学生まで気が弱かったです。

気が弱いことを

sasakiさん
俺は優しいんだ…そうだ…優しいから言えないんだ

なんて自分を正当化する言い訳を頭の中で考えて、結局後悔してばかりでした。

言いたいことも言えない。はっきり言えない。そんな自分がすんごく嫌でした。

ですが今は言いたいことははっきり言えますし、譲れない部分は相手がたとえどんな人でも物怖じせずに自分を貫き通すことが出来ます。

そうなるに至った経緯なども合わせて紹介できたらなと思いますので、お付き合いください!

スポンサーリンク

言わないと何も変わらない

いつも誰かに合わせて動いて、自分からは何も言わない。いや。言えない。

嫌われたらどうしよう。

迷惑かけたら…

なんてマイナスなことばかり考えてしまって言葉が喉に詰まったまま。

 

これで何回後悔をしてきましたか?

私は数え切れないほどあります。

そのたびに自分がすごく惨めで情けない人間だと追い込んでしまうものですよね?

そんな思いするくらいなら言っちゃったほうがいいんです。逆ギレだっていい。迷惑をかけたっていい。嫌われたっていいじゃないですか?

 

友達が怖そうな人に絡まれているとき、中学生の私は何も言えず、ただ震えて下を向くだけでした。

「これが一番いいやり方だ」

「あいつ(友達)にも悪い部分あったかもしれないし…(全く悪くない)」

このようにそれっぽく言い訳をして自分を正当化してることにとてつもないダサさを感じたんです。

やっぱり人間って自分がかっこいいと思う生き方をしたいじゃないですか?

 

自分が思うように生きる。私はそれが一番だと思います。

そのためには言わなきゃ変わらないんです。一歩踏み出せば反対の足は勝手に動きますから。そのきっかけは自分で作るしかないんです。

誰かに任せる、流れに身を任すのはもうやめよう

きっとあの人が言ってくれるはず

やってくれるはず

気が弱い人って受け身になってしまうんですよね。

なんでかというと自分が言いだしたら自分の責任になってしまうし、傷つくかもしれないからです。

でもそれじゃ、つまんないじゃないですか?

どんなことでも自分が決めるんです。誰かが決めるのを待っているだけでは、そのうち誰も相手にしてくれなくなってしまいます。

嫌なことは嫌だって言っていいし、やりたいことは笑顔でやりたいって言えばいいんです。

確かに遠慮や配慮は大事なことだとは思いますが、遠慮や配慮を盾に、自分を無理やり納得させてませんか?

適当に生きてみたら人生変わった…適当の魅力を熱く語ります

 

コチラの記事でいろいろ書きましたが、もっと自由でいいと思うんです。

我慢することなんてないし、好きなように生きていいんです。誰かにお前は好きに生きてはだめだ。って言われましたか?

気が弱いことは優しいとは断じて違う

気が弱いことが優しいと思っていませんか?はっきりいいます。断じて違います。

優しい人は言わない。でも自分が譲れない部分はしっかり伝える。気が弱い人は言えないのです。

そして優しい人は相手のことを思っています。気が弱い人は相手のことを思っていると思いこんでいるだけで実は自己保身に走っています。

 

優しいからこそ、あえていうという場面って多々あると思います。それはきっと気が弱い人は出来ないですよね?

あえて極端な例を出しましたが、そういうことなんです。

言いたいことも言えないと簡単に利用される

  • 断れない
  • 強く言われると納得してしまう
  • 無難を選び相手に合わせることしか出来ない

はっきりいいます。この手のタイプの方は例えば性格があまりよろしくない方と知り合うと利用されます。

今までいろいろな仕事をしてきた中で、気が弱い人っていうのは

「どうせあいつだから大丈夫でしょ!」

「あの人に残業変わってもらお」

なんて影でしまうものです。

私はそういったことは言わなかったですが、見て思ったことは

sasakiさん
いくらかばってあげても本人があの調子じゃどうしようもないよな。多分どこに行ってもいいように使われるんだろうな

ということです。

頼られてる。なんて勘違いしないでくださいね。いいように利用されてるんです。

私が働いてきた職場はどちらかといえばブラックよりの会社が多かったのですが、そういった人が心をやんでしまうということが多かったんです。

はっきり言えてれば少しは違ってたのかな…?なんて歯がゆい思いをします。

 

理不尽に怒られている人がいたんですが

sasakiさん
○○さん(上司)!!言ってること矛盾してますよね?あの人には言わないで○○さんに言うのはおかしいですよはっきり言って。○○さんも嫌ですよね?はっきり言っていいんですよ?違うものは違うって言うことは何もわることじゃないんですし嫌なことは嫌でいいんです。

と庇っても

○○さん「……」

で下を向いてるだけ。

sasakiさん
だめだなこりゃ

って正直思っちゃいました。

そんなんではいつまで立っても利用されますし、理解してくれる人がいたとしても現状は何も変わりません。

思っていることを言う。難しいことじゃありません。

もしも難しいと思うのならば

自分に自信がない人の特徴から見えてきた4つの自信の持ち方

コチラの記事がヒントになると思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は気が弱い人に対してアドバイス…というより現実をわかってほしいと思い記事を書かせていただきました。

元々気が弱かったので気持ちはわかるんです。

でもそれ以上にそんな自分を許すことが出来なくて、私は変われました。

だからといっていい事ずくめか?と聞かれたらそれは違います。ときには折り合いがつかなくなって衝突してしまったり、うまくかないことなんてザラです。

上司に嫌われたり、お客さんに怒られたり。でも道徳的にありえないことを言われたら、そりゃいっちゃいますよ。やっぱりお互い気持ちよく過ごしたいじゃないですか?

誰かの我慢、辛さで成り立つ良好な関係なんてクソ食らえです。

ですが、そうしてお互いの気持ちを正直に言うことで物事はよりよい方向に向かっていくと思っていますので、私はこれからも自分の思っていることをはっきり言えることを胸を張って生きていこうと思っています。

今回の記事を読んで少しでも自分の胸の内を外に発信することができる方が増えれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-心の悩み, 性格の悩み
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.