性格の疑問や悩み 誰もが一度は気になること

協調性がないことは悪いことではないと私が言い切るに至ったたった1つの理由

投稿日:2018年4月2日 更新日:

私はあまり協調性がないと言われることがあります。

はっきり思ったことは言いますし、違うと思ったことは相手が誰でも違うといいます。

ただ自分の意見だけを押し通すのではなく、あくまでそういう意見もあるということを考慮してもらいたいという気持ちがあっての行動なのですが、どうしても

  • 周りに合わせない
  • みんなが我慢していることに触れる
  • スタンドプレーが目立つ

という行動につながるのでどうしても協調性に欠けるという人に思われがちです。

そんな私ですが、今までは協調性、同調性を大事にしていました。

  • 自分の気持ちは抑えて周りに合わせる
  • 自分が苦労しようとも波風立てないように…
  • 長いものには巻かれる、まかれまくる

ということも普通におこなっていました。ですが心の奥では

sasakiさん
(こんなことをしてこれが「大人」だから「社会人」だからって自分に思い込ませるのはダサい自分に対してのいいわけだよな…)

ともどかしく感じていました。

今回は協調性や同調性を大事にしていた私がなぜ協調性を捨てたのか?という部分と協調性がないからといって治す必要もないし悩む必要もないという理由を記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

私が協調性を捨てたわけ

協調性がない

ではなぜ私が協調性を捨てたのかについてお話をさせていただきます。

もともと小さい時から

「なんでみんなと同じことをしないとダメなんだろう?」

「なんで同じことをしないと怒られるんだろう?」

という疑問は感じていました。そう思いつつも周りに合わせて生きてきて、社会に出ました。

そこでパワハラまがいの出来事があり、それが原因で退職したことがあるのですが、そのとき自分が思ったことは

sasakiさん
なんで自分の意見を言えなかったんだ!!!なんで嫌な奴相手に自分はヘラヘラしてるんだ?なんで我慢してるんだ?何がしたくて生きてるんだ?

ということです。いままでは波風立てないように目立たないように周りに合わせて行動してきた自分が原因で、パワハラされた際に自分自身の首を絞めてしまっていたという事実に気づきました。

それからは協調性を捨て自分らしく、自分に正直に生きる道を選びました。

sasakiさん
言わない我慢より言う勇気を持とうぜ。スカっとジャ○ン見てるだけじゃ満足できないだろ?

協調性がないことで自分は生きてるのが楽しくなった

協調性がない

協調性を捨てると決めてからは生きているのが楽しく思えるようになりました。

  • 言わなきゃいけない部分は自分だけでも声に出す
  • 明らかにおかしいことははっきりとおかしいと声に出す
  • 周りにあわせて行動しない

のように自分に正直に生きることで生活にもハリが出ますし、なにより今まで自分が理想としていた姿にやっとなれたな。というのが私の感想です。

協調性重視の今の日本社会ではどうしても浮いてしまったり、煙たがれる部分も正直ありますが、我慢しているよりもよっぽどましだと思えます。

わかってほしいのが協調性を捨てたからといって、自分の意見を一方的に言うのではなく、あくまで個人の考えを伝えているだけということです。話合いの中には様々な考えがあって当然ですからね!

そして自分の利益だけを追求したモンスターペアレントやメンヘラとは違うということです。人を思いやることもできますし空気も読むことができます。ただ違うのが社交辞令とか馴れ合いはしないよ。ということです。

これによって人間関係の幅は狭くなりましたがその分仲良くしてくれる人に時間を割けます。私の場合は狭く深くが性にあっているので今のところすごく心地がいいです。

スポンサーリンク

協調性がないことを治す必要、悩む必要もない理由

協調性がない

人それぞれなんだから気にする必要はない

人それぞれなんですから、多少協調性がないくらいで悩む必要はないんです。

協調性がないことが果たして本当に悪いことなのか?考えてみましょう。

私は誰かに合わせることがあたりまえになっている人が多すぎるのではないかと思います。

周りが右を向けば自分の考えを出さずに右を向き、誰かがこうだと決めればそれに対して何も疑問に思わない…

それは協調性がある人のデメリットだと私は思います。

このように一見良いと思われているようなことにも必ずデメリットは存在します。

逆を言えば協調性がないということにもメリットが存在するということなのです。

 

もしも今あなたが協調性がないことで悩んでいる、協調性がない人に悩まされているのならばそれは自分を生かすポジションについていないだけなのです。

決して協調性がないのが悪いのではなく、その個性に自分が存在している場所があっていないだけなんです。

sasakiさん
チームワークが大事なところにいたらもちろん浮くし厄介者になるからね!場所は大事!

協調性がないからこそできることもある

これだけは言っておきたいのですが、協調性がないというのは個性です。

それを生かすも殺すも自分次第なんです。

協調性がないからこそ、例えば営業などの個人が活躍できる場などで存分に力を発揮することができますし、周りが言いづらい、行動に移しづらいことでもガンガン突っ込んでいけますし、協調性がないからこそできることはたくさんあります。

 

どちらかといえば協調性がないのだけれども、協調性があるふりをしているという方は多いと思いますので、そんなことをせずに協調性がないことを受け入れて、自分に合った行動や場所を見つける方があなたにとってもいいことなのです。

 

人の目や世間などを気にせずに新しいことを始められるのも協調性がない人の強みです!そんな様々な強みを生かさないのはもったいないと思いませんか?どうせなら自分を偽らずに自分をさらけ出して活躍の場を見つけたほうが絶対にいいにきまってます。

だからこそ、悩む必要も治す必要も全くないんです。

sasakiさん
大事なのは自分だよ!家族は大事!って人がいるけどそれは「自分」の家族だし、「自分」が大事だと思うから大事なんだよ?

それでも受け入れてくれる人はたくさんいるのだから

そんな協調性がない部分でさえも魅力に感じ受け入れてくれる人はたくさんいます。

私は協調性がありません。それでも受け入れてくれて仲良くしてくれる人はいます。

大多数の人はそうではないのですから、もちろん浮いてしまうこともあります。ですが必ず仲良くしてくれる人はいるのです。

そういった人だけを大事にするのは間違っているでしょうか?

私は自分が好きだと思う人にだけ嫌われない努力をしています。

それでいいと思いません?

常識を鵜呑みにしすぎているだけ

  • 周りとも上手くしないと出世に響く…
  • ある程度苦手な人とでも仲良くしないと…
  • なるべく波風立てないようにしないと…
  • あの人が言うことは絶対だから…

それって誰が決めたのでしょうか?実際は多数決で決まっただけでそれが本当に正しいことなのでしょうか?

そんな常識なんてコロコロ変わるんです。

残業が問題視されるような時代が来ることがわかっていましたか?

父親は仕事に専念するものだという常識は今もありますか?

こういったように今の常識なんて直ぐに変わってしまうものなので合わせる必要なんてないんです。

もしもそういったことで悩んでいるのなら、常識に縛られているか今の自分の立ち位置が間違っているだけで協調性がないことが悪いということにはならないのです。

まとめ

今回は「協調性がない」というテーマで記事を書かせていただきました。

協調性がない人に頭を悩ませている人もいますし、協調性がないことで悩んでいる人もいますが、それは個性であってうまく利用することさえできればいくらでも強みになるんです。

今回の記事でわかってほしいのが

協調性がない=悪ではない

ということです。だからこそいままで協調性があるように無理をして演技をしてきたのなら、そんなことをする必要はないですし悩む必要も初めからないのです。

はっきり言ってしまえば協調性なんて自分を我慢して建前、社交辞令が言えるか?ということに行き着きます。そんなものよりもお互いが本音で話し合える時代のほうが私はずっといいと思います。

だからこそ、何も気にする必要はありません!と私は言い切ります。

この記事を読んだか方が自分に正直に生きるキッカケになれれば幸いです。

今回の記事と関連する記事を紹介しますのでぜひ合わせて読んでみてください!

やる気が出ないときどうしてる?原因と自分なりの対処法を4つ紹介する

社会不適合者代表として思わず頷く社会不適合者の特徴を11つ挙げていく

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-性格の疑問や悩み, 誰もが一度は気になること
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.