宮城の方言

日常生活の悩み 誰もが一度は気になること

宮城の方言を日常会話形式でわかりやすくまとめてみました

投稿日:2018年5月12日 更新日:

私は宮城県の田舎に住んでいますが、宮城県ならではの「方言」がたくさんあります。

方言というと、青森、大阪、栃木なんかがメジャーですが、宮城にもたくさんの思わず「え?」というような方言がたくさんあります。

といっても仙台のような都会などでは若い人は方言を使うことはほとんどなく「標準語」です。なので宮城の田舎やおじいさんおばあさんにしか通用しないのであしからず。

話の種や、方言で盛り上がった時などにお使いください!

今回は日常会話でよく使われている方言を厳選して紹介します!

スポンサーリンク

日常会話で使われている宮城の方言まとめ

~だっちゃ

これは宮城県独特の方言で意味は

メモ

だよね?そうだよねぇー!そうでしょ?

という意味です

日常会話で使うと

「最近天気悪いよねー…」

sasakiさん
んだっちゃね~!晴れればいいんだげっともね(訳:そうだよね!晴れればいいんだけどねぇ)

となります。

「~ちゃ」と語尾のように使うケースもあります

sasakiさん
それではだめだっちゃー!(訳:それではだめだよ)
sasakiさん
やってみねげわがんねっちゃ?(訳:やってみないとわからないよね?)

んだがら!

これもだっちゃと同じような意味で

メモ

そうだよね!だよね!

という意味です

「今日はなんだかだるいねぇ」

sasakiさん
んだがら!もうおら帰りでーどわ(訳:だよね!もう俺帰りたいよ)

派生形として

うん!という返事を「んだ」!

物腰を柔らかくする言い方として「んだがらねぇー

という言い方もあります。

~けらいん

~けらいんという意味は

メモ

~ください

という意味です

頂戴!という意味で使うのではなく~してくださいなどの際に使われます

sasakiさん
おらの家さ来てけらいん!(訳:私の家にきてください)

ねぇ、ねぇが?

ねぇが?

~ないか?

というときに使います

sasakiさん
こいづちょっとやってけねぇが?(訳:これちょっとやってもらえる?)

疑問形だけではなく、単語としても使えます。

「この商品って在庫あります?」

sasakiさん
あー…いまはそいづはねぇな

したっけさ、したらさ

したっけさ、したらさという意味は

メモ

そしたらさ、それでさ

という意味です。

sasakiさん
今日朝おぎれなくてや~。なんでだべ?って思ったの!したっけさ~!!目覚ましつけんの忘れでだのww(訳:今日朝起きれなくてなんでだろう?って思ったの。そしたらさ!目覚ましつけるの忘れてたw)

だどな!まずな!

だどな!まずな!というのは

メモ

だよね!まずそうだよね!

という意味です。上記の「だっちゃ」はどちらかといえば疑問形の時に使い「んだがら」とは同じ意味なのでどちらを使ってもいいです。

「~についてこう思うんだよね!」

sasakiさん
だどな!おらもそう思う!あの考えはありえねーどな!(訳:だよね!俺もそう思う!あの考えはありえないよね!!)

やがますねぇ!(合わせ技:これっこの!)

やがますねぇとは

うるさい!

という意味です。主に相手を叱るときなどに使われます。合わせ技の「これっこの!」は

こら!

という意味なのでよく合わせて使われます!

sasakiさん
これっこの!くそがきが!やがますねぇっていってっぺ!!!(訳:こら!このクソガキが!うるさいって言ってるだろ!)

子供のころは悪さやいたずらをすると近所のおじいちゃんにこうして怒られたものです。懐かしい…

わらす(童)

わらすとは

メモ

子供(幼稚園から小学生くらい)

という意味です。

座敷童という妖怪がいますがその童がなまってわらすとなったと記憶しています。

sasakiさん
あそごん家のわらすはやがますねぇーがらな~。(訳:あそこの家のこどもはうるさいからなぁ)

~なや

~なやとは

~な

という意味です。

疲れたな~

やだな~

を方言に宮城の変換すると

sasakiさん
つかれだなや。やんだなや

となります。~なやはどちらかというとネガティブな発言に対して使われます。

投げて

なげてって標準語じゃないの?と思う方が多いと思いますが、意味合いが違ってきます

投げて!という本来の意味のほかに捨てて!という意味があります

私はこれが方言だとは知らなくて東京住みの人に

sasakiさん
そのごみ投げて!

といったら

「え?誰に投げるの?」

と聞き返されて???????となってしまったことがあります。

すける

すけるという意味は

メモ

助ける、手伝う

という意味です。なまっていく中で「た」が抜けたんですね

sasakiさん
こっちもすけでけろ!(訳:こっちも手伝ってくれない?)
sasakiさん
いますけっからまってろ!(訳:いま助けるから待ってて!)

あがいん

あがいんという意味は

メモ

たべなさい、食べて

という意味です

焼きたてだがらはやくあがいん!(訳:やきたてだから早く食べな!)

あべ、ございん

あべ?なにそれ苗字?と不思議に思う方もいると思います。

あべという意味は

メモ

行こう(誘う感じで)

という意味です。

sasakiさん
いいがらあべあべ!(訳:いいからいこういこう!)

ございんというのが

メモ

きて、おいで

という意味で使われます

はやぐこっちさございん!(訳:はやくこっちにおいで!)

さってなに?単語じゃん!と決めつけるなかれ、宮城では

という意味で使われます。

例えば

ここさございん(訳:ここおいで)

それならそごさありますよ(訳:それならそこありますよ)

というように使われます。

しゃね!

しゃねというのは

メモ

知らない、わからない、記憶にない

という意味で使われます

「これやったの君?」

sasakiさん
おれそんなのしゃねっちゃや!(訳:おれそんなの知らないよ!)

なので「しゃねっぷり」は

知らないふり

という意味になります

なして?

なしては

なんで?どうして?

という意味で使われます。

同じ意味をもつ方言として

メモ

  1. なにや?
  2. なにしだって?
  3. なにす?
  4. なにすや?

という言葉もあります。

いったりかったり

この意味はあいまいな部分があるんですが

今更?や勝手に?などの意味で使われることが多いです。

sasakiさん
なんだべいったりかったりやー!(訳:なんだよ今更よ~)

いったりかったりなにしてんのや?(訳:勝手になにしてんの?)

ちょす

ちょすという意味は

メモ

触わる、いじる、いじくる

という意味です。

ちょすという言葉はあんまり使わないのですが

sasakiさん
「これぜってーちょすなよ!」

というように触るな!いじるな!という意味合いで大半は使われます

おだず

おだずという言葉の意味は

メモ

ふざける、調子に乗っている

という意味で使われます。

おだずの素敵なバリエーション

  • あんまおだずなよ?→あんまりふざけるなよ?
  • お前おだってんな!→お前調子こいてるな!
  • まだあいづおだってっとや→またあいつふざけてるよ

スポンサーリンク

おら、おい

自分のことを僕、俺、私、あたしなどと標準語の方は言うと思いますが、宮城県の田舎の方の人、特におじいちゃんおばあちゃんなどは自分のことを

おら、おい

といいます。

ちなみに私と私の嫁は自分のことを「おい」といいます。

ひゃっこい、しゃっこい

ひゃっこい、しゃっこいとは

メモ

冷たい

という意味です。

会話では雪を触った時など「しゃっけ!→冷て!」

とよく私は言います。

関係のない話ですが宮城には一ノ蔵という地酒の会社があって、そこで出している

ひゃっこい

という冷酒はきりっとしていてとてもおいしいですよ!宮城ならどこのスーパー、コンビニでも売っています。

めくさい、もぞこい

あまりいい言葉ではないのですがめくさいとは

メモ

かわいくない、きもい

などの意味で使われます。

もぞこいは

メモ

残念な人、かわいそうな人

という意味で使われます

sasakiさん
なんだべあいつめくせぇな!(訳:なんだあいつキモイな!)

のような会話で使います。

逆にかわいいという言葉は

めんこい

という言葉を使います。

「もぞこい」ですが、略して「もぞい」という人が多いです。かわいそうな人という意味から派生して、

例えば、クラスに何人かいる根暗だったり、スクールカースト下位の人に対して使います。

sasakiさん
あいつもぞいよな!

むつける

むつけるの意味は

メモ

いじける、ふてくされる

という意味です。

sasakiさん
みろ!あいづまたむつけてっぞ!www(訳:ちょとみてwあいつまたふてくされてるww)

のようにからかう感じで使うことが多いです。

んでまず、んでね、んでわ

んでまず、んでね、んでわとは

メモ

さようなら、ばいばい

などのように別れの挨拶として使います。

んでまず!と言いながら頭の横で縦に手刀を切るそぶりをするのがモアベターです。んでまずにぴったりの動作です。

まで

までとは

メモ

几帳面、丁寧、完璧主義

という意味で使われます。

そんなにまでにやんなくていいがら!→そんな丁寧じゃなくていいよ!

あんだまでな人だね!→あなたは几帳面だね

上記以外の宮城で使う方言一覧

上記では日常で当たり前のようにつかっている方言を紹介しました。

それ以外にもあるのですが、そこまで使われることがないのでわかりやすく簡易にまとめます

方言一覧(単語)

  • おしょすい→恥ずかしい
  • なんだべなや→なんだよ
  • こんぬずわ→こんにちわ
  • おばんでがす→こんばんわ
  • あらやー!→あらら
  • こいづ→これ、こいつ(人や物を指す)
  • やんだ→やだ
  • やんだぐなる→嫌になる
  • みでぐれわりぃ→容姿、恰好がよくない
  • だらすね→だらしない
  • あのや→あのさ、あのね
  • あぐど→かかと
  • おどげでねぇ→とんでもない、大変
  • がが→嫁、妻(自分の)
  • やってけろ→やってくれ
  • やってけねーが?→やってくれないか?
  • ほでなす→ばか、あほ、ろくでもない人
  • びっこひいてる→引きずって歩く(足)
  • むじな→
  • べご→
  • びっき→カエル
  • いずい→むずがゆい、違和感

 

もちろんこれ以外にもたくさんの方言が宮城にはありますが、キリがありませんので、今回はここまでにしたいと思います。

どうでしょう?魅力に感じた方言などはあったでしょうか?

旅行で宮城に来たときなんかは役に立つこともあると思います。なぜならきっと標準語の方がいきなり宮城の田舎の方にきても

「なにいってるのかなんとなくしかわからない…」

状態にきっとなるからです。

この記事を読んで役立つことがきっとあると思います。

友人に宮城の方言を使ってふざけてみたり、地元が宮城の方に方言を使ってあげればきっと喜んでくれると思うので、様々な用途でぜひ使ってみてくださいね^^

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

※少しずつ方言の種類は更新していきます

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-日常生活の悩み, 誰もが一度は気になること
-,

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.