覇気がない

仕事の悩み

頑張っても報われない人と報われる人の大きな違いを教えようと思う

投稿日:

こんなに頑張っているのに…

誰も認めてくれない…

全く報われない…

こういったことは一度は経験したことがあることでしょう。

しかし、とくに頑張っていないように見えるのに何故か報われている人も中には存在します。

それを見て

sasakiさん
「悔しい!!!!ずるい!!!」

と嫉妬心むき出しにしてしまうのはダサいですよね…?(私のことですが…)

ただよくよく冷静になって考えてみると

sasakiさん
確かに自分のやり方では報われなくて当然だよねー…

と思うことも多々あるんです。

なので今回は頑張っても報われない人と頑張らなくても報われる人、頑張って報われる人の違いを考えていきたいと思います!

スポンサーリンク

頑張っても報われない人と報われる人の大きな違い

そもそも頑張る方向性が間違っている

自分も報われない経験をしたことがありますし

sasakiさん
あいつ報われてないな~www

と思ったこともあります。

そういう人って根本的な部分で方向性が間違ってるんですよね。

でも自分も報われない経験をしたことがあるのでわかるんですが、本人は方向性がずれていることに気づいてないケースが多いと思うんですよ。

 

ただがむしゃらに頑張ったって意味がないんですよね。物事には順序があって、それぞれに適したやり方がある。そして正しいことと正しくないことがあるんですね。

 

例えば

Aさんは1つの作業をものすごく丁寧にこなして完璧なものを作り出した。

Bさんは2つの作業を全力で同時にこなして8割ほどの出来のものを作り出した。

 

どちらも頑張っていますよね?ではどちらが認められるか?ということですが、これは相手の考え方によって変わります。

 

スピードを求めている人ならBさんを認めるでしょうし、品質にこだわる人ならAさんを認めるでしょう。

認められなかった方は「こんなに頑張ったのに…」と落ち込んでしまうことでしょう。

さて、ここまでくればお分かりでしょうか?

 

認められるということは相手ありきのことなんです。

 

相手が求めていることに答えられないのであれば当然認められることはないです。

つまり頑張っているのに認められないということは少なからず自己満足、自分勝手な頑張りをしているということです。

相手の求めていることを把握できなければ、いくら頑張っても認められるかどうかは毎回ギャンブルをしているようなものです。

頑張ると出来るは違う

  • 頑張れば出来る!
  • 頑張れば過程を認めてくれる!
  • 気持ちがあれば!
sasakiさん
そんなの通用しないわ!!それがまかり通ったら誰も苦労しないわ!

結構勘違いしている人がいるんですが、結果が伴わない努力ほど意味のないことはありません。

 

俺!超頑張っている!!うおおおおぉぉぉ!!!結果→仕事が残り残業

 

今日もだりーなー。早く帰りてー…  結果→きっちりこなし定時上がり

 

どう考えても後者が認められます。よくいるんです。頑張っている姿だけ見せて中身が伴っていないやつ。

私が見た中では

こんなやつ見たことない?

  • めっちゃはぁはぁ言いながら動き回ってる割にまったく仕事が進んでないやつ
  • 手はめっちゃ早く動いてるんだけど八割方無駄な動きのやつ
  • 偉い人が来たときだけめっちゃ機敏になるやつ
  • 「今日も残業かよ〜」と言いながら「俺こんなに無理しちゃってんだぜ。すげーだろ?」みたいなのを出すやつ

あなたはこんな「痛い人」になっていませんか?出来ないやつほど、頑張る姿だけで大体のことはカバー出来ると勘違いしている人が多いのでよくよく考えてみてください。

認められる人は頑張っている姿を見せなくても認められます。

それは結果がともなっているからです。

sasakiさん
仕事もプライベートもスマートに行こうぜ。汗臭いのはお断りだぜ!

頑張ってるアピールしてませんか?

自分が頑張ってるのになんであいつは頑張ってないんだ?

おれはめっちゃ頑張ってる!

なーんて鼻息荒くして思ってないですか?正直そういう人は

sasakiさん
ちっさい人間だな

と思ってしまいます。

寡黙に淡々とこなしていけば

「すげー!!!」

となるものを自分からさらけ出すと

「うぜーな…」

となるのは当然のことです。

上記で書いたことと同じようなことですが、相手の気持ちを考えない努力は認められるということに対しては意味がありません。

結局空回りして終わります。

「あの人めんどくさそう」

「やる気だけ空回りしていっつも自滅するんだよなあの人」

なんてネタキャラにされる日もそう遠くはないでしょう。

スポンサーリンク

報われる人は頭を使う

報われる人はなりゆきや場面、その場の気分で頑張ろうとはしません。

しっかりと背景を知り、情報を集め、どのやり方が正しいのかを判断してから頑張るという段階に移ります。

とりあえず頑張ってみようなんてそんな賭けはしないんです。

あなたはただ頑張っているだけではありませんか?言われたことをただ全力でやっているだけ、応用もせず、考えもせず、工夫もせず、利益を出さず、ただ自分の中だけで頑張っていると思って満足してるだけ。

 

こんなの誰にでも出来ます。誰にでも出来るからこそ報われないんです。

 

しっかりと情報を集め、何が正しいのかを判断し、学び続けながら試行錯誤を重ね、間違いに気づいた際は方向を修正し、自分の目標に一歩づく継続して近づいていく。

これは誰にでも出来ることではないですよね?そうです。だからこそ報われるんです。

平凡じゃ報われないんです。頭一つ分くらい飛び抜けてやっと報われるんです。

 

そのためには頭を使わなくてはいけないんです。同じ漢字を1000回書いて覚えていたら、10回書いて覚える人とは100倍もの差が生まれてしまうんです。その差はお互いが継続して行う限り埋まるどころかどんどん差が開く一方です。

この場合大事なことって覚え方ですよね?覚え方をまずは考えれば1000回も書く必要はきっとないでしょう。

オーバーな言い方ですが、頑張っても報われない人はこの状態なのです。

 

給料が安くて困っている。給料を上げるために仕事を頑張る。

給料が安くて困っている。給料を上げるために転職を頑張る。

頑張り方にもいっぱい種類がありますし、効率的か否かもほぼ目に見えているようなものです。

上記の場合はどう考えても後者の方が効率的ですよね?

  • 今の職場の偉い人はどれくらいの収入だろうか?
  • 先輩はどれだけ努力して今の地位にいるのだろうか?
  • 会社の経営状態は?
  • 自分が一日に生み出す利益はどれくらい?
  • 今のままの状況で昇給し続けたらいくらになるだろうか?

 

こういった背景をしっかり考えずに

「とりあえず頑張ろう!!!頑張ればきっといい方向に行く!」

なんて浅はかに考えている人を見ると正直

sasakiさん
なんなの?馬鹿なの?なにを頑張るの?

と私は思いますね。

ポイントは将来設計です。しっかり意識していきましょう!

まとめ

今回は頑張っても報われない人と報われる人の違いを紹介させていただきました。

偉そうに記事を書きましたが、どちらかといえば私も報われていない立場だと思います。

なので自分に言い聞かせる意味でも今回のように少しきつめに記事を書かせていただきました!

この記事をきっかけに正しい方向で頑張ることが出来る人が増えることがあれば幸いです。

最後に今回の記事に関連する記事を紹介させていただきます!ぜひ合わせて読んでみてください!

三度の失敗から学んだ転職して後悔しないための方法4つ

イライラの解消方法なんて超簡単!なんでも「期待」しすぎてない?

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事の悩み

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.