性格の疑問や悩み 日常生活の悩み 未分類

デリカシーがないってどういうこと?原因や接し方を紹介します!

投稿日:

世の中には様々な人間が暮らしているわけですから、到底理解できない、分かり合えそうにない人は一人くらいはいることでしょう。

そんな人の中で上位に来る存在が「デリカシーがない」人ではないでしょうか?

デリカシーという意味は

感情、心配りなどの繊細さ、微妙さ

引用元→コトバンク

という意味です。

そのデリカシーがないということは配慮や心配りなどができずにズボラ、無神経な人を指す言葉です。

そんなデリカシーがない人ですが、なぜデリカシーがない人になってしまうのでしょうか?今回は

  1. なぜデリカシーがない人になってしまうの?
  2. デリカシーがない人とどう接する?

ということについて記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜデリカシーがない人になってしまうの?

デリカシーがない

育ってきた環境

デリカシーがない人になってしまう原因として育ってきた環境というのがあります。

例えばですが、外国の方とは文化も違いますし考え方もある程度はっきりと違う部分がありますよね?

それと同じように一般では考えられないような家庭環境があるとデリカシーがない人になってしまう可能性があります。

 

いくら育った環境が人とは少し違かったとしても、普段の生活の中で

「自分は少し周りと違うな…」

と気付くものなのではないか?と思う方もいると思いますが、気づかないことからしてデリカシーがないのです。

汚い話ですが、家庭ではご飯を食べたあとにゲップをするのが当たり前でそれを誰にも注意されなかったので大人になっても気づかずに平気でゲップをしてしまう。

のように自分にとって当たり前のことが相手にとっては当たり前ではないということに気づけないのです。

育った環境+第三者目線から物事が見れなく自分本位な考え方の人はデリカシーがない人になってしまうでしょう。

人と関わらなかった

私たちが普段何気なくしている会話も相手がいるからこそ成り立つものです。

そんな会話をいままで避けがちだった。関わらなかった人は会話のスキルというものを身につけることができません。

  • なにを言えば会話がスムーズに進むか?
  • なにを言えば喜ぶのか?
  • 言ってはいけない言葉
  • 発言のタイミング

こういった会話をしていれば自然に身につくことが人と関わらないことで身につけることができないのです。

結果、相手に気を遣う、思いやるというような発言ができずにデリカシーのない人と思われがちです。

もともとの性格が鈍感

もともとの性格が鈍感というのもデリカシーがないと思われる原因でしょう。

相手の表情や行動である程度なにをしてほしいか察することで人間関係は円滑にすることが可能ですが、鈍感な方だとそうったことができないのでついつい的外れな言動や相手を傷つける言動をしてしまいがちです。

こうした原因からデリカシーがないと思われてしまうのでしょう。

スポンサーリンク

デリカシーのない人とどう接すればいいの?

デリカシーがない

はっきりと指摘する

デリカシーがない発言や行動には本人からしたら良かれと思ってという場合が多いです。

本人は悪気がない、気づいていないからこそデリカシーのない行動や発言につながるのであり、そのことをはっきりと指摘すれば本人も理解を示してくれるという場合が多いです。

言い方としては優しく、丁寧に説明する形で言ってあげると本人も耳を傾けてくれるでしょう。

デリカシーのない人の中には自分が相手よりも上の立場だから下のものにたいして何をしても構わないと勘違いしているからこそ、意図的にデリカシーのない発言や行動を取る方もいます。

そういった方に対しては優しくいいながらもはっきりと自分の意見をぶつけましょう。変に遠慮してしまうと相手より立場が下だということを証明してしまい、相手に舐められる可能性もあるので、毅然として態度で指摘しましょう。

sasakiさん
怒りながらだと、相手も意固地になって仲が悪くなるだけで終わってしまう可能性もあるからあくまで優しくね!

相槌を打つだけの関係を築こう

相手が上司や目上の立場の人、性格などの理由で上記で書いたような指摘をすることができないという方もいると思います。

そういった方はデリカシーのない方と接する場合は相槌を打つだけの関係を築きましょう。

  • はい
  • そうですね
  • わかりました

会話をしていてもこの3つを心がけて使っていればデリカシーがない人を相手にしても嫌な気持ちにならずに済むことが増えます。

ただし、あからさまに避けてしまうと相手も気分が悪くなってしまいますし、仕事などでは支障をきたしてしまう場面なども出てきてしまうでしょう。

なので、最終的には指摘することも視野に入れるようにしましょう。

sasakiさん
言わないとわからないことだってあるんだから、言う勇気は持っておくべき!

まとめ

今回は「デリカシーがない」をテーマに

  • なぜデリカシーのない人になってしまうのか?その原因
  • デリカシーのない人とどう接すればいいのか?

という点について記事にさせていただきました。

どこにでも1人はデリカシーのない方がいるといっても過言ではないので、いざという時にこうした知識を身につけておくということは非常に大事になってきます。

ただし、デリカシーのない方は故意的にデリカシーのない行動、言動をしているわけではない。ということは前提としてわかっておいてください。

「悪意がないってことが一番の問題だ!!!」

という方もいるかもしれませんが、悪意がないということは

気づきさえすれば治る可能性

があるということです。

もしもデリカシーがないことさえ治ればとてもいい人だった。ということも十分に考えられますので、デリカシーがないからといってあからさまに相手にしないのではなく、その人の長所も合わせて探してみることをおすすめします!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-性格の疑問や悩み, 日常生活の悩み, 未分類
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.