仕事が嫌い

仕事が嫌い

仕事が嫌いなんだけどどうすればいい?原因から効果的な解決策を4つ考えた

投稿日:2017年12月6日 更新日:

仕事が嫌いだと感じている人は多いことでしょう。

私も仕事は嫌いですし、同じような気持ちの方も今まで働いてきて沢山目にしました。

  • では、なぜ私たちは仕事が嫌いになってしまうのでしょうか?
  • そんな仕事が嫌いなことから抜け出すことはできないのか?
  • 仕事を好きになることはできないのか?

 

これは仕事が嫌いな人にとって永遠のテーマのようなものであり、

解決したい問題かと思います。

人生の大半を仕事をして過ごすのだからできるならば

嫌いという感情は誰だって持ちたくないものです。

そこで今回は仕事が嫌いになってしまう原因と

その解決策について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ仕事が嫌いになってしまうの?

最初に私たちはなぜ仕事が綺羅いいになってしまうのかについて考えていきたいと思います

悩みくん
仕事なんて嫌い嫌い嫌い

解決くん
まぁ、まずはその原因について考えてみようよ。そこから解決策を探るんだ!

苦手な人とも付き合わなくてはいけないだるさ

仕事はどんな人とも一度は関わりを持たなくてはいけません。

学生の頃は嫌な人とは関わらなくてもいいですし、

仲の良い人だけで固まっていてもなにも不自由なく暮らすことができました。

 

しかし、社会に出るとどんなに自分が苦手とするタイプとでも

関わらなくてはいけない場面が必ず訪れます。

それが同僚や後輩なまだしも、それが上司だったとしたらどうでしょうか?

 

毎日苦手な人と関わり、

自分の好きなように人間関係を構築できない辛さは相当なものだと思います。

そういったことが積み重なると仕事が嫌いになるのではないでしょうか?

悩みくん
俺あいつ嫌い!無視しよーっと
解決くん
あんた孤立してますます仕事嫌いになるで

責任感というプレッシャー

仕事にはもちろん責任感というものが発生してきます。

それは学生の頃の宿題などのプレッシャーとは訳が違い

「忘れたから先生に怒られちゃった!あはw」

では到底済むわけはなく、そのミスは会社全体に響いてきます。

 

組織で動くからこそ、みなで足並みを揃えなくてはいけないのです。

かと言って自分が躓いた時に周りが歩幅を合わせてくれるようなことは

ほぼありません。

そして社会人ならこうあるべきという植えつけられた常識が

責任感を倍増させます。

こうした数々のプレッシャーが仕事をしていると必ず訪れます。

適度なものなら集中力が増すなどのプラスに作用しますが、

それが大きければ大きいほどモチベーションを奪っていきます。

 

そういった責任感の重さが私たちを仕事嫌いにさせるのではないでしょうか?

悩みくん
絶対間違えれない…ガクガクブルブル
解決くん
責任を与える相手は選んだほうがいいかもね

怒られるから

仕事というのはお金を貰う場所です。

お金をもらう以上、真剣にやらなくてはいけないですし、

なかには熱くなってしまう人もいることでしょう

そうなると説教というものが発生しますね。

 

私が仕事が嫌いな原因はこれが大部分を占めてますね。

誰も怒られて嬉しい人はいないですし、

できれば怒られたくないというのが当たり前のことです。

 

そうなると

  • これをやると怒られるのでは?
  • 怒られるからやめておこう
  • 怒られたくないからあの人にやってもらおう

など、怒られないようにする前提で仕事をするようになります。

要はビクビクしながら仕事をするということになります。

これでは仕事が好きになるわけがありませんし、嫌いになって当然でしょう。

残業や休日出勤など自分の時間が奪われるから

たいていの仕事は週5日勤務の8時間労働が基本ではないでしょうか?

よくよく考えるとそれって結構辛いんですよね。

一日の大部分を5日も消費してやっと自分の時間だと思ったら2日しかない…

それすらも生ぬるいと言わんばかりに

  • 残業
  • 休日出勤

が発生するところもあります。

自分の趣味に没頭したいのに…

のんびりゴロゴロしていたいのに…

こんなささやかな願いも打ち砕くかのような

圧倒的な仕事における時間。

 

自分の時間よりも仕事の時間が多いなんて一体何のために働いてるんだよ…

自分の人生における大部分が仕事に埋め尽くされることが嫌と感じている人は多いでしょう。

悩みくん
やりたくないことはいっぱいやらせれてやりたいことができやしねぇ!残業、休日出勤滅びろ!
解決くん
ものすごい恨みを感じる…うーんこればっかりは難しい問題だよね…

残業については

サービス残業が当たり前…実際に使った上手な帰り方などを紹介します

残業したくない人へ!初級上級編に分けて残業を減らす方法を紹介します

でも書いていますので合わせて読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

出来て当たり前という風潮

仕事は怒られることは多いですが褒められるということはあまりありません。

私自身いろいろなところで働いてきましたが、

褒められるということはあまりなく、

褒められている人を見ることもあまりありませんでした。

 

それくらいは出来て当然。当たり前のことを当たり前にする。

というような風潮が日本では強く、

それでは頑張ったものが報われないと思ってしまう人が現れても仕方がないと感じます。

 

やはり頑張ったことは褒められたいし、認めてもらいたいものですが

それがなかなかかなわないという部分も仕事が嫌いになる原因の1つに挙げられることでしょう。

悩みくん
褒められて伸びるタイプです!キリッ
解決くん
(褒めたら調子乗ってミスするタイプだな…)

 

仕事が嫌いになってしまう原因をいくつか挙げてみましたが、

次からは仕事が嫌いになってしまうことに対しての解決策について考えてみましょう。

どうすれば仕事が嫌いなことは解決する?

 

悩みくん
仕事が嫌いなことをどう解決するのさ?俺は絶対に好きにはなれないね!
解決くん
別に好きになる必要はないんだよ。ここで大事なのはどう嫌いと向き合うか?ってことと、ここまでなら我慢しようっていう境界線を作ることだね
悩みくん
ごめん、なにいってるか全然わかんない
解決くん
まぁまぁまぁ、それについてはこれから話していくよ!
悩みくん
俺はどうせ仕事が嫌いなままなんだ…嫌いなまま定年まで働くんだ…オェェェ…
解決くん
落ち込み過ぎ!!!早速だけど解決策を紹介していくね!

○回に1回は断る

仕事をしているとどうしてもついつい二つ返事で引き受けてしまって

後から後悔することってありますよね?

  • 休日出勤のお願い
  • 残業のお願い
  • 付き合いのお願い
  • 仕事を手伝って欲しいというお願い

などなど様々なことを要求されます。

それを全部二つ返事で引き受けてしまったら

プレッシャーや自分の時間の無さに仕事に対して

ますます負の感情を抱くようになってしまいます。

 

ここで大事なのはやんわりと、ですがはっきりと断るということです。

しかし、常に断り続けていたらそれもそれで仕事的にはよろしくないですし

人間関係も悪くなってしまうので

結局、後々嫌な思いをしてしまいます。

 

ですので○回に1回は断るということが必要になってきます。

○の中はあなたが決めて構いません。目安としては4~5回に一1回断るというのが

一番自分にも相手にとってもちょうどいいのかなと思います。

言い方も

「申し訳ないですけど、厳しいです。」

といったようにやんわりと言いながらも伝えたいことははっきりというようにしましょう。

 

ここで大事なのは、嫌なことを少しだけでも減らすということです。

仕事が嫌いなことを好きに持っていくのは難しいことです。

だったら嫌いだと思う要因を少しづつ減らしていけばいいのです。

以前書いた

適当に生きてみたら人生変わった…適当の魅力を熱く語ります

が役に立つでしょう。

嫌われてもしょうがないという気持ちを持つ

仕事が嫌いになってしまう原因として

苦手な人とも付き合っていかなくてはいけない

ということを書きましたが、

そういった人との関わりは必要最低限に抑えるようにしましょう。

仕事以外は関わらないし、最低限の挨拶だけはする。

 

もしもその態度で相手があなたに対して不快感を持ったとしても

あなたもその人が苦手なのですから、お互い様です。

むしろ自分が相手をよく思ってないということが相手に伝わったほうが

相手も同じように最低限のことでしか関わってこないので

どちらかというとそちらのほうが都合がいいです。

 

だから無理して付き合う必要はないのです。

要は仕事を円滑に回せていれば誰も文句はないことなのです。

誰にでも苦手な人は必ずいます。

そういった人と上手く付き合っていけることは素晴らしいことですが

それは才能ありきです。

 

それが原因で仕事が嫌いだと思っているならばなおさらのことで

だれかに好かれるということはその裏でそれをよく思ってない人も

必ずいるということを理解して、

開き直ってしまえば心の負担を大きく減らすことができます。

ただ「嫌われたくない」という方いわゆる嫌われたくない症候群の方もいると思います。

嫌われたくない症候群の人に物申す!「嫌われてもよくない?」

の記事を読むといいでしょう。

自分で自分を褒める

仮に仕事で怒られたとしても、落ち込むことなく

自分を褒めてあげてください。

 

いくら周りがあなたの仕事ぶりを認めてくれなくとも

悪く思われていたとしても

自分が頑張ったと思っていればそれでいいのです。

  • 今日はこの仕事を○時までに終わらせられた!偉いぞ自分!
  • 間違わずにできた!すごいぞ自分!
  • ちゃんとわからないことを聞けた!やれば出来るじゃん自分!

などなど、なにげない日々の中にも自分を褒めることができる場面は多々あります。

 

自分を褒めることによってそれが自信に変わり

今までなら億劫だった仕事や職場の人との会話も

以前までと比べて気持ちを楽にして取り組めるのではないでしょうか?

 

そうすることによって仕事が嫌いだと思っている気持ちは

少しづつですが改善されていくことでしょう。

悩みくん
怒られて反論せず反省した自分偉すぎ。大人!素敵!かっこいい!
解決くん
そこまでポジティブだと人生楽しそうだね。もちろん皮肉じゃないよ!

大きな目標を見つけ、嫌いなことを過程にする

目標を見つけるといっても

必ずしも仕事における目標ではなくていいです。

例えば

  • クジラと一緒に泳ぎたい
  • 沖縄で1ヶ月遊びまくりたい!
  • 自分だけの別荘を森に建てたい!
  • あの高級車が欲しい!
  • 高級すぎる旅館に泊まってみたい

などの比較的大きな、夢に近いけどもギリギリ叶うのではないか?

くらいの目標を設定します。

目標を設定したあとはその目標に必要な

  • お金
  • もの
  • 必要な免許
  • 知識

などを調べて箇条書きで書いてきましょう。

そうすることによって今までなら

~したいなぁ。やってみたいなぁ…

と思うだけだったことが急に現実味を帯びてきます。

 

そういった大きな目標を達成するのには必ず

お金がそれなりにかかります。

ということは仕事をしないと目標は達成できませんよね?

そうです。目標があると仕事が過程になるのです。

 

どんなに嫌いなことでもそれが楽しいことへの過程だとしたらどうでしょうか?

仕事が嫌いでどうしようもないくらいだけども

大きな目標があるからこそ、その嫌いな気持ちが

報われる日が必ず来るのです。

 

こうして目標を見つけることによっても

仕事が嫌いという気持ちを改善することができます。

悩みくん
餃子だけでお腹いっぱいになりたいです

解決くん
目標のスケールがミジンコ並にちっさい

まとめ

今回は仕事が嫌いになってしまう原因とその解決策について記事を書かせていただきました。

原因としては

  • 仕事独特の人間関係
  • 自分の時間がなくなる
  • 怒られる
  • 責任感の大きさ
  • 認められない、褒められない環境

などがあることがわかりましたね。

それらの原因から解決策を今回は探っていきましたが、

まず前提として仕事を好きになれる可能性は少ないということです。

今回の解決策を見ていきますと

  • ○回に1回は断る
  • 嫌われてもしょうがないと思う
  • 自分で自分を褒める
  • 大きな目標を立て嫌いな気持ちを過程にする

などのように仕事を好きになるという方法ではなく

仕事が嫌いなこととうまく向き合うための解決策になっていますね。

 

無理に好きになろうとしてもより悪い部分が見えてしまう

なんてことは仕事以外でもありますよね?

大事なことは嫌いな気持ちと向き合い自分のプラス要素として吸収するということです。

悩みくん
これなら明日からでもできそうだ!

解決くん
そうだね!今回紹介した4つのことを意識して働くのとそうでないのとでは仕事が嫌いという気持ちの大きさもかなり変わってくるはずだよ!

職場の人間関係のストレスが確実に減る!実際に行った3つの方法

最後まで記事を読んていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事が嫌い
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.