仕事の疑問

仕事に行きたくないときって辛いよね…その辛さを軽減させる方法を教えます

投稿日:2017年12月13日 更新日:

仕事に行きたくないくらい嫌なことがあった。

仕事前になると心が締め付けられそうになるくらい辛い

通勤途中に事故に遭わないかなと考えてしまう

 

この記事を書いている私も以前は

パワハラや長時間残業、責任のおしつけや

職場の人間関係のもつれなどで

上記のような気持ちになり。

仕事に行きたくないと思ったことがあります。

 

私と同じように

今こうしている間にも仕事に行きたくないと悩み

辛いを思いをしている方のすこしでも力になりたいと思い、

今回は記事を書かせていただきます。

 

仕事に行きたくないという気持ちには大きく分けて2種類

に分けられます。

1つ目は短期的な行きたくないという気持ち

2つ目は慢性的に行きたくないという気持ち

の2つです。

 

短期的な例だと

  1. 寝坊してしまった
  2. 途中で忘れ物に気づいた
  3. 体調が悪い
  4. 次の日怒られるのが確定している
  5. 重要な会議がある
  6. 人手不足で忙しい

などのように仕事に行きたくない悩みが比較的短期なのです。

 

慢性的な例だと

  1. 人間関係でつまずいている
  2. 上司とのいざこざやパワハラ、セクハラに悩んでいる
  3. 残業が多い
  4. 仕事が忙しい
  5. やりがいを見いだせない

などのように常に仕事に行きたくないと思ってしまう

要因に縛られているような悩みが慢性的です。

 

今回は大まかに分けたこの2つ気持ちに対しての対処法を紹介していきたいと思います。

自分はどちらなのかを考えて自分の気持ちに近い対処法をご覧下さい

スポンサーリンク

短期的な仕事に行きたくない気持ちの対処法

悩みくん
昨日仕事ミスしたけど、黙って帰っちゃった。今日仕事行きたくないなぁ・・・バレてたらどうしよう…
解決くん
それは短期的な仕事に行きたくない気持ちだね。それじゃまずは短期的な仕事に行きたくない時の対処法を紹介していくね

時間が必ず解決してくれることを理解する

短期的な仕事に行きたくない気持ちの特徴として

時間が必ず解決してくれるということです。

 

例えば

明日は苦手な人と一緒に働かなくてはいけない

ということがあって仕事に行きたくないとします。

ですが次の日の仕事を終えれば、また嫌な人と一緒に働くまでは

その悩みからは解放されるのです。

 

何が言いたいのかというと、仕事にいざ行ってさえすればどうにでもなるといういことです。

重要な会議だとしても

嫌な思いをするのは数時間です。

その数時間後には解放されたような気持ちになれるでしょう。

寝坊をしても出社してから数分怒られればあとは次第にいつもどおりに戻ります。

このように基本的には時間が解決してくれるということです。

 

もしもあなたの仕事に行きたくない理由が短期的なものなら

時間が必ず解決してくれていずれはその悩みも必ずなくなる。

と理解していれば少しは気持ちが軽くなるのではないでしょうか?

悩みくん
言いたいことはわかるけど、その数分や数時間がとてつもなく長く感じるし、億劫で仕方がないんだよなぁ
解決くん
でも逆に考えてみて!時間が必ず解決することが分かっているのなら、一日24時間あってその中の数分や数時間で辛い思いをしてふさぎ込んでるのはもったいないと思わない?
悩みくん
もったいないって?
解決くん
仕事に行きたくないと前日眠れなかったり、自分の時間を楽しめなかったりするじゃない?次の日の仕事のために前日を台無しにしてしまうのはもったいないんじゃない?ってこと!

後ろめたいことがあれば必ず朝一番に謝る

短期的な仕事に行きたくない悩みによくありがちなのが

怒られることや後ろめたいことがあって仕事に行きたくないと考えていることです。

  • 仕事のミスを黙ったままにしている
  • 仕事の機材を壊してしまった
  • 書類を紛失してしまった
  • 仕事を残して帰ってしまったことを帰ってから気づく

などなど、働いているのならば1度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

上記で書いたことは実際にすべて私が体験したことです。

  • 使用する頻度がすくない機材を壊してしまい、明日がその機材を使う日
  • 下書きで書いた書類を送ってしまった
  • 締切日が次の日の書類を紛失した

このように仕事に行きたくなくなってしまう原因は様々なところに潜んでいるのです。

 

これには共通していることがあって、言い方は悪いかもしれませんが

謝れば済む

ということです。

私が実際に感じたことですが、

後ろめたいことや隠しておきたいことは

必ずいつかはバレます。

 

バレないために嘘を付いたり、隠したりしたことは

バレた時に大きなつけとなって自分に戻ってきます。

ごまかしていた期間が長ければ長いほど、信頼も地位も

地に落とすほどにつけが大きくなります。

 

それに隠すということは

バレてしまうまで仕事に行きたくないという気持ちを延長するということにもなってしまうのです

だからこそ、後ろめたいことやミスを発見したときは

次の日の朝一番正直に言って怒られましょう。

 

仕事終わりや昼休憩ではダメです。朝一番で謝りましょう。

朝言えないと話すタイミングを逃してしまったり、

後ろめたいことが気になって仕事に集中できずにミスをする。

などという負の連鎖が始まってしまいます。

 

隠せれることでも素直を謝るということは

あなたの評価につながるかもしれないですし

そのことに対して大目玉を食らったにしても

あなたの仕事に行きたくない問題はそこで解決するのです。

悩みくん
隠しきれたことがあったけど、やっぱ謝っておけばよかったかなって思うことは確かに、ある!!!マイナスな気持ちは引きずると大きくなるから、火を消すなら小さいうちにってやつだね。
解決くん
そういうこと!謝るまでが辛いし悩むことはすっごくわかるんだ。でも前に進むにはそれが一番ベストなんだよ!

慢性的な仕事に行きたくないことの対処法

悩みくん
慢性的な仕事に行きたくない悩みは本当に辛いよね。仕事以外もなにも楽しいと思えなくなっちゃうし、自分の存在価値がわからなくなる
解決くん
慢性的な仕事に行きたくない悩みは「日本特有」の仕事論が結構影響してるんだよ。理不尽でも喜んで!とか会社に尽くすべき!みたいな風潮がね。当然それに影響されたアホが大体パワハラとかの主犯格なのよね…
悩みくん
腐ってやがる!!!慢性的に仕事に行きたくない悩みを抱え込む人って心が優しい人が多いんだよね。
解決くん
それは違う!って言えないんじゃなくて言わないんだよね。人の痛みがわかるから。そして自分のせいだって思い込んじゃうんだよ。
悩みくん
少しでもそんな人たちの力になりたいね
解決くん
そのためにこれから対処法をかいていくよ!

スポンサーリンク

慢性的な悩みには自分の時間を意地でも確保することが必要不可欠

私は慢性的な仕事に行きたくない悩みでかなり辛い思いをしました。

  • 常に罵倒されて、人がいる中見せしめのように怒られる
  • 監視されるように見られて、ちょっとしたことでも鬼の首を取ったかのように怒られる
  • 月に100時間近い残業をほぼ強制でやらされる
  • 会社の方針があまりにも利益優先で人を考えていない

このように慢性的な悩みは時間が解決することは難しいですし、

自分の力では到底解決できないこともあるでしょう。

 

だからこそ、

自分がどうしたいのか?

何をすればいいのか?

何をしたいのか?

と自分とじっくり向き合う時間が必要不可欠です。

辛くて仕方がないならばっくれても構わない

仕事をバックれるというのは社会人としては最悪といってもいいほどの行為です。

ですが、そうしたいほど仕事に行きたくないと悩む気持ちを私は十二分に理解しています。

 

会社に迷惑がかかるからなどと考えても、辞めてしまえばもう関わることもないことです。

むしろ迷惑をかけられたのはあなたの方なのではないでしょうか?

慢性的な仕事に行きたくない気持ちは日に日にあなたのストレスを積み重ねていきます。

それが限界を超えてから強制的に退場となってはもう遅すぎるのです。

 

なぜ私がそこまで言うかというと

その気持ちを長引かせてしまうとトラウマになってしまうからです。

私も様々な職を転々としてきて

様々な辛い思いをしてきました。それに対して今思うことは

もっと早く見切りをつけて退職すればよかった

ということです。

 

私は仕事に行きたくなくても意地や変なプライドで続けてしまった結果

  • 会社というものに対する不信感が常にある
  • 人間関係に深く入り込むことができなくなった
  • 仕事=嫌なことというレッテルが取れなくなった
  • 残業や休日出勤を過剰に嫌がるようになった

というように次の仕事でマイナスに作用してしまうようなトラウマを抱えてしまいました。

こうなってしまうと心機一転頑張ろう!という気持ちもなくなってしまいますし、

なによりも働くということに絶望しか感じなくなってしまいます。

この気持ちは本当に辛いですし、直したくてもこの気持ちは変わらないのです。

同じように仕事に行きたくないと悩んでいる人に

こういった気持ちには私は絶対になって欲しくないと思っています。

 

だからこそ、ほんとうに無理だと思ったときはバックれたっていいんです。

会社におけるあなたの代わりはハローワークにでも募集すればすぐ見つかります。

ですが、あなたはあなたしかいないのです。

あなたの大事なこれからの人生を守るために、良いものにするために

仕事をばっくれることを私は絶対に悪く言いません。

「ありえない」

「社会人として最低だ」

なんとでも言わせてやりましょうよ。

あなたの人生なんです。何も気にする必要はありません。

変にこれからのことを考える必要は今はない

仕事に行きたくない気持ちとは裏腹に仕事に向かって進んでしまう。

朝は行きたく無さ過ぎて涙が出るのに仕事では涙を出さずに耐えている。

残業でフラフラなのに、しっかりと次の日の準備をしている。

なぜ?何に縛られている?

  • 安定?
  • 生活?
  • お金?
  • 将来?
  • 世間体?

はっきり言わせてください。

仕事に行きたくない気持ちが限界を超え心身ともに疲れ果ててしまったら

そんなもの簡単に全部吹き飛びますし、取り戻すのも困難なんです。

なぜ困難になるかというと上記で書いたとおりトラウマになってしまうからです。

 

  • ここでくらいしか自分は雇ってもらえないから
  • 働かないと生活ができないから
  • 次も同じことがないと言い切れるわけじゃないから

というように自分の本音を

無理やり変な理屈や変にこれからのことを考え、自分に言い聞かせないでください

あなたの本音は

仕事に行きたくない

ではないのでしょうか?

行く限り解決しないのであれば

行かないでその悩みがなくなる場所を探すという可能性に方向を変えてみましょうよ。

私のように次にいくのも億劫になってしまったら

それこそ人生がつまらないものになってしまいます。

慢性的な仕事に行きたくない悩みに一番必要なのは休養

疲れたら休む。当然のことなんです

ゲームが好きでもいつまでもやっていたら目が疲れてやりたくなくなりますよね?

でも休憩を挟むとまたやりたくなるものです。

今はあなたを取り巻く様々な事情や状況などがあると思いますが

優先すべきはゆっくり休むことなのです。

 

それ以外は何も考えずにただ休むことだけを考えて見てはいかがでしょうか?

社会人としてという縛りや世間体などに振り回されていたらいつまでも休めません。

少しの間でもいいので自分のやりたいように生きてみてください。

今まで自分がやりたくないことを必死に頑張ってきたのですから

すこしくらいハメを外したっていいじゃないですか。

まとめ

今回は仕事に行きたくないという悩みを

短期的な悩み

慢性的な悩み

に分けてそれぞれの対処法を紹介しました。

すこしでも力になれたでしょうか?

 

短期的な悩みは

仕事に行くまでが辛いですが行ってしまえばなんとかなるということ。

そしてしっかりと謝ることで自分のプラス要素になるという内容を書かせていただきました。

 

慢性的な悩みとしては

休むことが一番の優先事項であるということと

自分で自分の首を締めないで欲しい

最悪仕事をばっくれても構わない

ということについて記事を書かせていただきました。

 

仕事に行きたくないという気持ちが痛いほどわかるからこそ

少々長い記事になってしまいました。

仕事ができない人がやってしまいがちな三大習慣とその改善策

こんな長い記事でしたが、最後までお付き合いいただきほんとうにありがとうございました。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事の疑問
-,

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.