性格の悩み

失敗するのが怖いままだと生きづらいよね?自分が克服に成功した考え方を紹介する

投稿日:2019年2月18日 更新日:

失敗することって怖いことですか?

間違うことって駄目なことですか?

答えは……

sasakiさん
NO!!!!!!

 

結構多いじゃないですか?そう思っている方って。

 

自分に都合の良い言い訳をして、その結果人生経験というのが積めていないからいつも綱渡り状態でびくびくしている。

他力本願で、リスクを恐れ自分の意見は言わずに、文句だけは一丁前にこそこそいう。

 

sasakiさん
かーっ!!!!情けねぇな!!!!

 

なんでこんなに私がこのことについてムキになるかというと、自分が昔そうだったからです。

  • 無難を選び
  • 人の目を異常に気にし
  • 怒られるのを避け
  • しまいには人間関係まで避けがちになる

 

失敗することで学ぶことはたくさんある。それはわかっているけど、失敗に恐怖を感じる人ってそこら辺がうまく割り切れないと思うんです。

自分がそうだったし。

 

でも今は

sasakiさん
失敗バッチこいだよ!来れるもんならこいや!!!(できれば来てほしくない)

くらいの勢いで挑戦できるようになりました。

 

こうした方法で自分は怖くなくなった!という記事よりも、こうこうことが起きてその結果自分はこう思うようになった。という記事内容のほうが同じ悩みを持つ方の力になれると思うので、そういった記事を今回は書いていきまーす。

さっそくいってみよー!

スポンサーリンク

失敗を恐れていたら薄っぺらくなった

人として薄くなった。これはすごく感じる。

私は昔は基本的になにをするのも自信がないから、怒られるよりましだと思って避けてきました。

それでも逃げられないときは

恐る恐る、消極的に、なおかつ相手の顔色を伺いながら。行う。

そして相手に何も言われないまま乗り切れると

「ほっ」

と胸をなでおろす。そして

sasakiさん
もう二度とやりたくない。次は間違うかも…

と軽いトラウマになる。

 

これ自分だけじゃないはず。

「うんうん」とうなずいている人もいるんじゃないのかな?

 

そこで自分は気づいちゃったんですよ。

sasakiさん
色々なことをやればやるほど嫌になる

ってことにね。

 

そして結局避けちゃうから、なんも知識がないの。頼りないってレベルじゃないくらい頼りない。

自分の言葉に重み、説得力がないのを感じるし常におどおど…

 

sasakiさん
今の自分。めっちゃダサくない??

 

いつだったか?きっかけは何だったのか?は忘れたけど、唐突にこう思ったんです。

 

初めから気持ちがマイナススタートだったら、そりゃうまくいかなくて当然ですよね。

 

これ読んで自信つけようぜ!

自分に自信がない人の特徴から見えてきた4つの自信の持ち方

人の目を気にするのがえらく馬鹿臭く感じるようになった

基本的に失敗が怖いっていう一番の原因がこれだよね。

  • 怒られたら…
  • 笑いものにされたら…
  • 呆れられたら…

相手の表情1つ1つにびくびくして、それが気になって、目の前のことに集中できない。

確かにそれじゃあ怖くなって仕方がない。

 

自分も怖くて仕方がなかったし。

 

ただこれを克服するのは自分はすごく簡単だった。

sasakiさん
「ってかなんで自分はそんなに相手のことを気にしてるんだろう?」

仕事で毎回失敗して怒られまくってた時にふとこう思ったんです。

 

sasakiさん
なんで毎回毎回怒ってくるこいつのために自分がびくびくしなきゃならんのだ?
sasakiさん
俺がミスるのって五割がたこいつが近くにいるせいじゃねーか!!!

 

という逆切れという素敵な発想から

sasakiさん
もういいや気にしなくて。あいつ勝手に怒ってるだけだし

という開き直りをした結果、なんとミスが思いっきり減りました。

 

そして「すいませーん!!!」なんてちゃんとはっきり言えば、案外笑い話になることもわかったし、キャラ次第では笑いにつながることもわかりました。

sasakiさん
なんで「失敗」することにあそこまで身構えていたのかが今思うと全然わかんない

 

人の目なんて気にする必要ないのさー!!!

いつもニコニコ楽しく生きるために私が心がけている5つの簡単なこと

 

どうにでもなれー!で先陣をきる

今でも怖いと思うときはあります。そんなときこそ

sasakiさん
「どうにでもなれー!」

と突っ込むことってすんごく大事だと思います。

 

自分は仕事をしていて、まだ覚えてないことなどを将来的には任せられるということが確定している状況。

というのがすごく怖く感じます。

もし失敗したら…や期待を裏切ってしまったら…という妄想がさく裂します。

 

ただそんなときは先陣を切って突っ込みます。

「やります!」

「あー!私やってみますよ!やんないと覚えないし!」

というような感じで。

 

ではなんで怖いと感じているのに動くことができるのか?

 

sasakiさん
少しでも早く慣れて 怖い→普通 に持っていきたいからだよ!

いつまでもびくびくしてるのはダサいじゃん!

そして人の目ばっかり伺うのもださいじゃん!

sasakiさん
ならもうやるしかねぇ。失敗しても許される時期に失敗しまくるしかねぇ。

 

自分が思うダサい人間になりたくないという一心が自分を無駄に積極的にさせています。

 

そうやって失敗を積み重ねていったら、失敗するっていいことだと思い始めた

これは失敗をいっぱい重ねないとわからないと思う。

失敗があったからこそ成長できたと実感できることが実際はたくさんあった。

 

怒られることもどうでもよくなった

人の目もどうでもよくなった

 

だからこそ、失敗を生かせるようになれたのかな思います。

sasakiさん
上記みたいなことを気にしてたら失敗を生かすという考えまで至らないもんね!どううまく見繕うか?しか考えないもんね

 

内容は細かくは言わないけれども、自分は失敗を繰り返し、それを生かし続けたことで

  • 自分のやりたいと思える仕事を見つけた
  • 家族との仲がものすごくよくなった
  • 趣味ややりたいことが増えた

というどれもこれも素敵なものや方法を見つけることができました。

 

最初からうまくいくことが一番だとは思うんだけれども、基本的に一発目から完璧!っていうのは珍しいじゃない?

失敗を重ねて完璧に近いレベルまで自分を高めていったり、失敗してから逃げて新たな境地を見つけたりなんてのがすごく面白い。

 

逃げるのは

 

失敗してからでもいいんじゃない?

 

ってのが自分的には一番しっくりくる言葉かなー。

 

 

やるとやらないじゃ大きな差だし、避ける人生を歩んでいたら、いいことまで避けてしまう可能性って高いです。

これは自分が失敗が怖かった時期も経験しているからこそ言えることなんです。

 

sasakiさん
今思うと、あれやっとけばよかったな。なんて思うことも多々ある。自分はなににビビってたんだろ…ってね

 

参考になるかどうかはわからないけれども、自分が失敗が怖いことを克服したのは上記のことがあったからです。

それだけ!!!!

 

気が弱い人は利用されやすい!自分は優しいんだと勘違いしないことが大事!

嫌われたくない症候群の人に物申す!「嫌われてもよくない?」

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-性格の悩み
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.