楽しく生きる

日常生活の悩み

いつもニコニコ楽しく生きるために私が心がけている5つの簡単なこと

投稿日:

私自分で言うのもなんですが、いつもニコニコしています。

「ささきさんって怒ったことあるの?」

なんて聞かれるくらいニコニコしてますし、毎日楽しいです。

だからといって生まれてから今までずっと楽しく生きてきたのかというと、そうではありません。

元いじめられっこだった自分がいじめから全力で抜け出した話のように意外とつらい過去なんかもありますし、当時なんて不幸せの絶頂期だったと思います。

今回はそんな私が毎日楽しく生きるために心がけていることを紹介していきますー。

もしも、そんな情報よりも自分を変える方法が知りたいんだという方には変わりたいと思う方にこれまで私が幾度も変わってきたきっかけや体験を話しますのような記事も書いていますのであわせてよんでみてくださいねー!

スポンサーリンク

 

楽しく生きるために普段から心がけている5つのこと

どうでもいいことで絶対に怒らない

私は怒りません。怒鳴ったり物にあたったりなんてのとはまったくの無縁です。

それはなぜかというと「怒り」という感情は新しい「怒り」しか生み出さない。あまりに意味がないものだと思っているからです。

怒鳴ったり怒ったりしてスッキリしたことはあります?大体後味悪いですし、もっとイライラしてきません?

 

イライラしてると、どんな出来事も悪い方に受け取ってしまったり、相手の悪いところがいつもより際立って見えてしまったり…。

sasakiさん
全然「楽しく」ないよね。くだらん。実にくだらん。

怒っている理由もよくよく考えてみるとどうでもいいことだったり、変にムキになっていたりなど、冷静であれば恥ずかしいと思うようなことが自分は多かったんですよねー。

だから怒らない。お簡単な話です。

結局、怒るってことは例外ももちろんありますが、

相手や環境が自分を怒らせている

って勘違いしてるんですよ。そう思わなきゃ感情をむき出しにするなんてとてもとてもお恥ずかしくて普通はできません。

ほんとは勝手に自分が怒っているだけなんですよ。

それを理解してからは相手に対して過度に期待して勝手に裏切られたとイライラすることや、どうでもいいことで

sasakiさん
ぬわぁぁぁぁああ!!!!くそ!!!!

と思うことはなくなりました。

怒りという感情と楽しいという感情は正反対の感情なので、絶対にどうでもいいことで怒ったりはしない!!!!ということを自分に言い聞かせています。

それによっていつもにこにこできるし、なにより楽しく生きることが出来てます!

肩の力を抜いて「適当」に「どうでもいい」気持ちを心がける

肩の力を抜いたほうが楽しいです。

いっつもピリピリしていて社会的責任に押しつぶされそうな人を見ていると

sasakiさん
肩の力抜こうぜ〜温泉に浸かってるくらいフニャフニャでいいんだぜ〜。

って言いたくなります。

そんなんじゃ社会じゃ通用しないんだよ!!!!

なーんてお叱りを受けそうですが、大丈夫です。それはあなたの勘違いで、案外フニャフニャでもなんてことはないです。

適当に生きてみたら人生変わった…適当の魅力を熱く語ります

なんて記事を書きましたが、適当にゆるく、ただやるときゃやるよ!くらいの生き方が一番楽しくいきる方法なんじゃないのかなぁなんて思います。

そして自分を適度に甘やかして許してあげることもすんごく大事です。

プライドがアホみたいに高かったり、無駄に完璧主義の方には難しいかもしれませんが、私は

どうでもいいや

と思う事が楽しく生きるための必須項目なんじゃないかと思っています。

どういう意味?と感じた方はこの記事で書きますと長くなってしまうので

「どうでもいい」と思えることは素晴らしい!その5つの魅力を語ります

とよんでみてくださいねー。

自分が好きだと思うことに囲まれる

今の仕事→好き

嫁→好き

子供→好き

サイト運営→好き

記事を書くこと→好き

家事→実は意外と好き

よくよく考えてみると、私は自分が好きなものに囲まれていて、なおかつ自分の好きなことしかしてません。

これでもしも楽しくないなんて思っていたら、確実に天罰が下ることでしょう。

転職もしてきたし、人間関係もかなり狭くなりました。

でもそれはその仕事が好きじゃないから転職しましたし、人間関係も考えてみたらそんな好きでもなかったなという人がいたから自分から少しずつ避けました。

ただそのために努力はしたつもりですけどねー。なんていうか好きなことって楽しいことじゃないですか?

楽しいとその過程の苦しみや苦悩なんてのはそこまで心の負担にならないんですよね。むしろいい隠し味になります。

 

sasakiさん
スキルも身につかない。つまらない。製造業で働いていたときはいくら給料が高くても、無駄な時間を過ごしている感が正直半端じゃなかった

だからこそ、自分が楽しいを思える環境に身をおくために色々と手を尽くしてきました。はっきりいうぞ。好きなものに囲まれると…たのすぃぃぃぃぃぃ!!!!!!

物事は難しく考えずに単純に考える

日々色々な情報が行き交い、様々な問題が次々と訪れる我々の日常で、いちいち難しく考えて前にも後ろにも進めないのは、つまんないです。

単純に

sasakiさん
まぁいけるっしょ!大丈夫大丈夫

なんて考えて色々なことを多方面で経験するほうが「楽しい」に決まってます。

どんなことも疑ったり、できない理由を探し始めたり、自分に言い訳したり、うじうじしたり…

sasakiさん
やらないと答えが出ないことに対してなにを難しく考える?そんなの意味ないんだから考えるって言葉もどうかなってレベル

すぐ動けないってことはその分、人生を損しているってことです。成功すれば楽しいし、失敗すれば勉強になる。なーんも悪いことなんてないんですよ。

なのに失敗することを恐れて、無難にやり過ごそうとする。そんな人って格好多いんですよね。それが一番損してますし、なにより楽しくない。

楽しく行きたいなら行動あるのみです。

好きな人を喜ばせる

好きな人の笑顔って見てると幸せになりません?

友人でも同僚でも妻でも子供でも…

だからこそ私は自分が好きな人を喜ばせることに妥協をしません。

だって好きな人が楽しいと自分も楽しいんですもん。

例えば

  • ヘアスタイルを変えてきたら「いいですね〜!似合ってます!お綺麗ですよ〜」
  • 相手の趣味について少し勉強してみる
  • 相手の性格的に言われて嬉しいことを考える

なんて方法はいくらでもあるじゃないですか?

その時に上記で紹介した、物事を単純に考えてたくさんの経験を積むことが活きてくるんです。

いろいろな経験をしていればそれだけ言葉に「重み」がでますし、会話の「幅」も広がります。

うすっぺらくて、幅も狭い会話なんて誰も楽しいと思いません。相手が楽しくないなら自分だって楽しい訳がありません。

sasakiさん
ね?単純でしょ?でも実際そうだよね。冷たくされたら嫌な気持ちなるし、優しくされると嬉しいもんね!

ただ仕事なんかは性格悪い人多いじゃないですか?それも単純に考えましょう。

相手にしなくていいです。嫌いな人のためよりも好きな人の為に生きましょう。楽しく生きるためにはこの二者択一を迫られます。あなたはどっちを選びますか?

sasakiさん
僕は好きな人の為に生きる!!!!!!!!!!!嫌いな人?知らんわ!!!

 

まとめ

今回は私が楽しく生きるために心がけていることを5つ紹介しました。

案外普通のことばかり言っているようですが、意外とこれが難しい。

変に同情してしまってアホな人に悩まされてしまったり、良かれと思って言った言葉が、そうでもなかったりなど…

今でもたまにこんなことはあります。ですが普段が楽しいから

sasakiさん
そんなときもあるか。ハハ!!

なんて笑い飛ばせます。

もしも楽しく生きる方法を模索しているのなら今回紹介した5つの方法を是非参考にしてみてください!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-日常生活の悩み
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.