転職 後悔

転職、就職の悩み

三度の失敗から学んだ転職して後悔しないための方法4つ

投稿日:

「こんなはずじゃなかった…」
「前の職場の方が良かった…」

などせっかく転職したのに後悔してしまう人も中にはいます。私も同じような経験が3回もあり

sasakiさん
やめときゃよかった…すぐやめても履歴書に傷が付いちゃうしな…

と後悔してもしきれない思いをしたことがあります。

今回はそんな私の転職失敗談を紹介しながら、転職で失敗しないためにどうすればいいのかという核心に触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

私の転職失敗談

転職 後悔

仕事が決まらない焦りから妥協してしまった

とある病気にかかってしまい、退職を余儀なくされた私ですが、当時はリーマンショック後のとてつもない不景気、若さだけではどこも雇ってくれるところはありませんでした。

仕事が決まらないまま半年が過ぎ、私自身とても焦っていたのを覚えています。

「お金がない!」

「とにかく働かなくちゃ!」

と自分が希望していた条件を妥協に妥協を重ねやっと決まった仕事はとてもやるせないものでした。

給料自体が少ないのでお金がないことに変わりはなく、パワハラまで…

結局一年も持たずに退職してしまいましたが、今でも失敗したなーと思っています。

稼ぐことを前提にしたら残業がえらいことになった

sasakiさん
「やっぱりお金だよね!」

世の中探せば給料の高い仕事はたくさんあります。(必要資格とかないときつ…お察しです)

多少きつくともお金がもらえれば頑張れる!と意気込んで某製造業に転職しましたが…

sasakiさん
残業半端ないんだけど…

たしかに…たしかに給料はいいのですが、心と身が持ちませんでした…

周りもどちらかといえば「体育会系」の方が多く自分の性格には合っていなかったです。

当時は20代前半だったので、なんとかこなせていましたが、50.60歳の方も同じような条件で働いていたので

sasakiさん
こんなのがあと40年続いたら…

と考えたときに吐き気がして怖くなったのでやめました。

そうだ!親のところで働けばいいんだ!

私の父親が会社の中で三本指に入るくらいの地位でしたので、それを利用して転職しました。

sasakiさん
思っていた以上に気を遣う…そして相手にも気を使わせてしまう…

それくらい当然だろ!覚悟しとけや!と言われそうですが、当時の私は簡単に入社できるし~なんてお気楽に考えていました。

案の定、気を使いすぎで疲れる。そして自分が入社したことで従業員の方たちに不公平感を与えてしまう。

ということですぐに退職してしまいました。

sasakiさん
偉い人の息子ってことでこいつが居る前で会社の愚痴は言えねぇ。みたいな空気になるたび申し訳なかった…ほんとすいませんでした。安心してください。私だってだるかったです。

スポンサーリンク

これらの失敗を経験した上で転職して後悔しない方法を教える

転職 後悔

実際には5.6回程転職をしているのですが、そのうちの3回は上記で紹介したとおり失敗しました。

たしかに失敗はしましたが、その失敗から学べることはたくさんあったので、皆さんにこっそりと転職に失敗しない方法を紹介していきたいと思います。

自分のやりたいこと好きなことくらいは最低限知っておけ

転職に失敗した原因として「自分が好きなことじゃない」というのがありました。

ほんとはクールでスタイリッシュなデスクワークをやりたかったのに、目先のお金や、妥協、甘えで、特に「努力」しなくても採用されるような企業を自然と選んでいました。

仕事の内容や待遇は多少は妥協しようとも、職種だけは妥協してはいけないと私は切実に感じました。

好きでもないことを何年も続けられることを私は才能だと思っています。

そんな才能なんて持っていない人の方が多いです。じゃなかったら転職斡旋企業があんなに必死にならないじゃないですか?なので職種だけは自分が興味のあるものを選びましょう。

その職種が「好き」というだけで考え方も取り組み方も180度変わります。大事なことなのでしっかり心に刻み込んでください。

自分の性格を大体でいいから理解しておけ!

これすんごい大事です。

例えば、人と関わるのが苦手だから…という理由で製造関係で働く人がいますが、それはちょっと間違ってるんです。

なぜなら製造関係で働く人はどちらかというと体育会系が多いからです。

人と関わるのが苦手な人が体育会系が多い職場に行く。どういうことかわかりますね?

sasakiさん
考えただけで怖い

なので得意、苦手で選ぶよりも自分は

  • 体育会系なのか?
  • 文系なのか?
  • 理系なのか?

で会社を選ぶのが一番だと感じます。

なぜそうすべきなのかというと、自分の系統に似た人が多い職場の方が働いていて「居心地」がいいからです。

人間関係は働いてみないとわからない。なんてよく言われますが、上記のことを理解していればほぼほぼ、「人間関係で失敗した!」と思うことはなくなります。

好きなことやりたいことに関連する知識を身につけておけ!

私は現在WEB関係の仕事に就いているのですが、それに関連する知識はある程度身につけていました。

というのもこれまで接客業、製造業で働いた経験しかないのですが、仕事の合間を縫ってこうしてサイトの運営やライターのお仕事をしていました。

多分ですが、そういった経験があったからこそ採用していただけたんだなと思います。

これは別にWEB関係だけの話ではなくて、資格とかありますよね?そういった「自分が働きたいと思っている会社、職種」にアピールできる実績を在職中に身につけることが私は転職して後悔しないために非常に大事なことだと思っています。

 

中途採用では特に「即戦力」が重宝されるので、自分ができるとこを明確にしていく必要があります。なんとなく働いてきただけで将来のビジョンも何も考えていなかった。

なんていうのはとてつもなく大きいハンデになりますので、今からでも少しずつでいいので何かを学び続けてください。

「大企業」「安定」に重きを置くな!

多いですよね。

「大企業で働きたい」

「安定を求めたい」

なんて人。間違ってるわけではないのですが…それを一番に考えてしまうと転職で後悔する可能性が高いです。

私なんかは2社ほど、かの有名な大企業で働きましたが、正直疲れますよ。

  • なにかを決めるのに時間がかかりすぎる
  • マニュアル過ぎて、自分を生かせない(文句を言えるロボットって感じ)
  • 利益確保の為、下々に降り注ぐ理不尽
  • 部署ごとの待遇の良さが天と地の差
  • 怒られないために働くみたいな感じ
  • 謎の式典とかやり始める

私は上記の事があってやってられないなぁと思いましたね。こういった現状を知らずに

「大企業なら将来性もあるし、安心安定だぁ!」

なんて考えてたら大企業からの先制パンチで、生活が安定する前に心が不安定になります。

安定に関してもそうで「安定」なんてないんですよ。

  • 人間関係が悪かったら?
  • 給料が急に下がったら?
  • ボーナスがなくなったら?
  • リストラされたら?

こういったことはどこで働いてもあります。AIが発達し、どんなことも自動化されているような現在に「安定」を求めるのはナンセンスです。

真に安定を求めるのならばそれは会社ではなく「自動化されない個人の能力」です。それに気づかずに安定を求めてしまうと理想と現実のギャップに悩まされることでしょう。

 

よって安定と大企業に重きを置くと転職して後悔してしまう可能性が高くなるでしょう。

 

まとめ

今回は3回転職に失敗した私が、転職に失敗しないための方法を4つ紹介しました。

当たり前のことを言っているだけのように思う方が多いと思いますが、それができていないからこそ転職で失敗してしまうのです。

そんな当たり前のことをこなすだけで転職で失敗しないのなら、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

今回の記事によってすこしでも転職で後悔する人が減ることを期待しています。

今回の記事に関連する記事を紹介させていただきます。ぜひ合わせて読んでみてください!

無能な働き者はブラック企業化させる!企業だけ責めるのは間違いだと思う

[人間関係が…]転職に失敗する人に共通する転職理由や動機

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-転職、就職の悩み
-,

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.