仕事の疑問 副業の現実

webライターになりたいならまずはブログを作ろう!その理由とライターの現実

投稿日:

近年インターネットの普及によって仕事が多様化してきました。そのなかでも誰でも比較的気軽にできて、それでいて時間にあまり縛られることのないwebライターという仕事は副業などで密かにやってみたいと思っている方がいるんじゃないでしょうか?

私もwebライターに魅せられた人間の一人で、それだけで生活ができるわけではありませんが、なんやかんやで記事を書いています。

それ以外にもサイト運営をしているので、ライターさんに外注費を支払って記事を書いてもらっていることもあるので、webライターにとって何が必須なのか?という部分もある程度わかっています。

今日はそんなwebライターとしてちょっとばかし先輩のこのsasakiさんがこれからwebライターを目指したいと思っているならこうした方がいいよ!というアドバイス的なものを無謀にも紹介していきたいと思います。

sasakiさん
絶対タメになる!絶対読んだ方がいい!というより中途半端な知識で始めて欲しくないから見てください!お願いします

スポンサーリンク

まずは自分のブログを作って運営してみて!(切実に)

Webライター

今はWebライターになろうと思えばほんとに簡単になれてしまいます。

ライターの仕事も求人サイトを探せばいくらでも出てきますし

  • 初心者歓迎!
  • 教えます!

なんてところも多いですし、ランサーズやクラウドワークスなどを利用すればその日のうちから仕事を始めることも可能です。

ですが、待ってください!!Webライターの仕事を始める前にまずは自分でブログを立ち上げてください。

無料ブログではなく、ワードプレスを使い、自分でサーバーとドメインを取得して運営してみてください。なぜかというとワードプレスの知識というのはある程度稼げるWebライターとして必要不可欠だからです。

sasakiさん
これほんとに切実にブログやサイトを立ち上げて欲しいのよ。

なんでブログを立ち上げるなんてわざわざ遠回りのことをするの?

それは私が、実際に害虫費を支払ってライターさんに記事をお願いしたことがあるから言えることなんですが

文章がうまい=OK!

じゃないんですよ…webライターとして記事を書くということはネット上で自分の記事が公開されるということです。

もちろん記事を読んだ人が感動するような文章力は必要ですが、そのほかにも

  • 相手が求めているニーズに答えられているか?
  • SEo対策をある程度理解しているか?
  • シェアしたくなる文章か?
  • ネットリテラシーは守られているか?

などさまざまな知識をある程度持っていなくてはいけないのです。

だからこそ、自分で一度ブログ、サイトなどを立ち上げてある程度のアクセス数があるブログ、サイトに成長させることができる力を身に付けるのがすんごく大事なんです。

それによって相手がどのようなことを求めているのか?がわかりますし、なによりいきなりライターをするよりも濃い経験が積めます。

それができればWebライターを行う上で強いアピールポイントになります

sasakiさん
月間10万PVのサイト運営してますぜ!!!

クライアント「お!いいね!話聞かせて!」

のようになるのです。

なにも知識がない人だと

実際に私がライターさんに仕事を頼んだ時に上がってきた記事なんですが

■句読点の数が半端ない(私、は、こうで、こう、です。みたいな。文字数稼ぎたいのが見え見え)

■指示した内容と方向性が違う(多分無理やり指定文字数にあわせようと適当に書いた)

■他のサイトの記事をコピーしてそのまま送ってきた(犯罪です。常識なさすぎ)

■だと思います★ヽ(・∀・)ノ(絵文字やめろや!!!!)

■おいしいのです!しかし、甘いです。みたいな(しかしの使い方よ…)

のようにとんでもない記事を納品してくる方が結構います。

最近では小遣い稼ぎで主婦の方などがライター業をしていますが正直

sasakiさん
ある程度知識はつけとけや

というのが私がクライアント側にたって感じたことです。

だからこそ、サイト、ブログ運営で一連の動きだけでも把握していることが非常に大事になってくるんです。

経験を積める環境(ブログ)があればおのずと仕事がやってくる

ブログ、サイト運営もある程度のアクセスがあって、プロフィール欄などにライターのお仕事募集していますと書くと、実際依頼はきます。

私もサイトを運営していて、記事を書いてくれませんか?と連絡が来たこともありますし、単発のお仕事でしたが実際に記事を納品して報酬を受け取ったことがあります。

このようにブログやサイトがあなたを評価するポイントとなるので自分から探さなくとも相手から依頼が舞い込むという状態になります。

これを通して何が言いたいかというと、報酬が高い仕事の依頼がもらえるということです。

相手から来る以上、報酬も交渉できますし、ある程度自分の好きなように記事を書かせてもらえます。

しかし、自分からWebライターとしての仕事を探すとなると、これも後から書きますが、単価が安い仕事が大半です。

ではなんで単価が安い仕事しかないの?という部分に触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

いきなりライターからはじめるとどうなる?

webライター

全く知識のない状態からライター業を始めると本当にね。いや、ほんとに。

カスみたいなお金で記事を書かされます

私は一度某ライター、モニター募集サイトのバ○ナビというところに登録して、webライターとしてやっていこうかなと思った時期があったのですが、実際に登録して記事を書いていくわけですが、

sasakiさん
あららー…こりゃひどい…

声に出していっちゃうくらい単価は安いです。

例で言いますと

2000文字以上→480円

これはひどいですよね?私は得意なジャンルの記事なら一時間で3000文字程度の記事をかけますが、そうではなく、調べなければいけないなどの作業があると2000文字が一時間で限界です…

となると時給500円いかないんですよ?

sasakiさん
無理だろ…小遣い稼ぎにもなりゃせんわ…

それだけではなく、記事の指定内容も

  • ○○(商品名)オススメについて記事を書いてください。
  • 主観的なことは書かないでください(私は…思う。など)

のようなものばかり…

sasakiさん
アフィリサイトに載せる記事だね。

正直言います。こんな感じの内容の記事をいくら書いても、文章力なんて身につきませんし、人に見せる記事ではありあますが人を魅せる記事はいつまでたっても絶対かけません!!!

みなさんのイメージだと

自分らしさを出して、みんなが読んでもらえる!そしてWebライターとして個人を売っていける!

みたいなイメージを持っている方は多いと思います。私も同じイメージですが実際は知名度もなく、アピールポイントもない人は本当に小遣いを稼ぐだけの機械的な作業(薄給)しかできません。

なのでいきなりwebライターから始めるのは私はやめたほうがいいと思います。

仮にランサーズというサイトやクラウドワークスというサイトで記事のライティングをしても、知識がない以上、単価の高い仕事の記事を書いても突き返されるのがオチです(まじで)

求人なんかを見てもWebライターやライターを募集しているところは正直そーんなに給料は高くないです。

顔が世間に知られて、フリーで仕事を兼業で始めてやっとある程度余裕のある生活、楽しい生活ができるものだと思います。

sasakiさん
小遣い稼ぎが目的だとしても知識がないと正直やってけないと思う…

まとめ

今回は「Webライター」という仕事をテーマにして記事を書かせていただきました。

Webライターに興味を持ったものの現実はかなり厳しんだな…と感じたかたは多いことでしょう。

しかし、文章を書くのが好きならば苦に感じることはあまりないと思いますし、自分の書いた記事がいろいろな人に読まれて共感のコメントや感謝のコメントなどがもらえると本当に嬉しいものですよ?

なので、今回の記事を読んでも

「Webライターやってみたいなぁ」

と思った方は自分のサイトやブログをまずは立ち上げて自分なりに工夫して運営をすることをまずは行いましょう!

本を読んだり商材を買ったりするのも知識にはなりますが、実際に体験することの方がはるかに学べることが多いです。

そしてその努力はWebライターとしてのあなたの強みにきっとなることでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事の疑問, 副業の現実
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.