誰もが一度は気になること

転職回数が多いとどうなるのか?29歳で8回転職した私のお話

投稿日:

はいどうもささきりょうです。

みなさんって転職回数って気にします?

「転職回数が多いと転職に不利じゃない?」

「そんなやつ他で使われないでしょ!」

「すぐ逃げるんだな」

などなど、ありがたいお言葉を頂戴しそうなのですが、わたくし現在29歳で8回転職しています。

すごいでしょ?やばいよね?

社会にでたのが、18のときなので

平均在籍数約1,5年

というダイナミックな経歴を持っています。

 

もちろん履歴書を書くのは大変ですし、異常に勤務年数が短い会社もあります。

これくらい転職回数が多いとどうなるのか?お話していきましょう!!

スポンサーリンク

先に結果を言うと…

結果を言ってしまうと、転職回数が弊害になったという経験は今までないんです。

面接も正直に記載して特に落ちまくるといった経験もないですし、転職回数が多いことについてめちゃくちゃ触れられるというような経験も記憶にないんです。

自分は自分を肯定するわけではないんですけど、転職することはとてもいいことだと思うんです。

自ら環境を変えていくというのって実際すごく勇気がいりますし、勇気以上に心も体も疲れるんです。

でも…

sasakiさん
自分の思い描く理想のため(残業したくない、怒られたくない)おれは動く!!!

この気持ち大事だと思っています。

sasakiさん
転職回数が多いんじゃない。ちょっと行動力あるだけだ

ではなぜ転職回数が弊害にならなかったのだろう?

自分で言うのもなんですが、多分、いやきっとヘラヘラしてる性格のおかげだと思っています。

誰とでも気さくにニコニコ話せますし、会話のアドリブは案外聞くというような人間なので、コミュ力に物言わせて内定を勝ち取ったと言っても過言ではないと思います。

 

「どうせ業種は一緒なんでしょ?だから弊害ないんだよ!」

 

とか思われそうなので一応説明しますが私は

接客→製造業→プログラマー→ウェブマーケッター

とびっくりするくらい業種が全然違います。

と、考えるとやっぱりコミュ力に物言わせた感が強い気がしてきますね。

だからといって「努力」していないわけではなかった

こんな感じでとくに問題を抱えるわけでもなく点々としてきましたが、「努力」していなかったわけではないです。

皆さんは仕事における「努力」ってなんだと思います?

  • 毎日全力で頑張る!!
  • 早く仕事ができるよう効率化する

ノンノンノン

そういったのは正直誰でもやろうと思えばできちゃうので、自分は「努力」とは思っていないです。

仕事における「努力」って自分の価値をあげるということだと自分は思うんです。

その価値って何?と聞かれれば当然「お金」や「信頼」なんですけどね。

製造業で

「同じことの繰り返しで頭が爆発しそう」

なんて思っていたときから少しずつ残業の合間を縫って、いろいろ副業とかやってきました。

それが今の仕事のウェブマーケティングにつながってくるんですけど。そういった今の仕事以外でも「努力」して「価値」を上げていくことで自分に対しての付加価値というのはものすごく増えると思っているんです。

多分それがないまま転職回数が多いと

sasakiさん
こいついままでなにやってきたんだと。なにも成してきていないじゃないか

となってしまうのは当然なのかなと思います。

結局大事なのは「転職回数」なんかじゃないってことです

転職回数だけで人を判断するなと。そしてそれだけで判断させないような、相手を納得させられるようなアピールポイントをもってしっかりアピールしようぜ。

こういうことです。

これは業種にもよりけりかもしれませんが、例えば製造業だったら、すごく失礼ですけど上の人以外は代わりはいくらでもいるじゃないですか?だからこそずっと働いてくれそうな人、従順な人の需要が高いんですね?

なので転職回数が多いのは不利かも…となるわけです。

でも基本上記の様な仕事以外だったら大事にするのって

ヒューマンスキル

がまず一番ですよね。

・この人は会社の事業について共感してくれているか

・職場の雰囲気に馴染めそうか

など、そういった性格面がまず大事になるわけです。

そして次。

これめっちゃ大事なこと。

自分で考えて動けるか?

これすんごく大事です。

言われた通りだけではなく、自分で考えてよりよいものにしようとする気持ちをもって働けているか

これどう考えても必要な人材だと思いません?だって会社の利益に結びつく可能性が高いですから。

これができていて、なおかつ面接の際にそれを裏付けるようなお話ができればあらびっくり

転職回数はあまり気にされません。

自分の場合は働きながら合間を縫って副業として自分の力で収入を得ていた点や、それがまったく知識のない状態から初めたのでそこから労働意欲や自主性を面接のときではアピールしています!

 

今後どうありたいか明確だとさらに転職回数はきにならない

これまでは過去の話をしました。(転職経歴とか)

それと同じくらい大事なのが今度どうありたいかという部分です。

目標や夢みたいなものです。

そのためにお金が必要でここで働いていたなどは説得力もあるし、短い勤務経歴が輝くダイヤのように見せることも可能です!(それが証明できる実績があればですが…)

面接官だって人間でキラキラしている人は応援したくなるもの。人間性に訴えればニコニコしてくれます(自分の経験則のみですが…)

 

ということで…

転職回数の多さはあんまり気にしなくていいと思います!

自分が転職した理由とかは残業多いとかパワハラやばいとか病気やばいとか色々ありますが、全部ポジティブに捉えて

sasakiさん
次はもっともっと輝けるところ行こうぜ!

という気持ちで行けば問題はなしでーす!!

ただ一点。

ネガティブすぎるとだめですねぇ…

  • 折り合いがつかなくてぇ…
  • 仕事が大変で…

とかブラックだったとしても一応お世話になったので悪口は言わないようにしましょう!ポジティブポジティブ!

今自分はリモートワークで働いています!

フラフラと生きていたのに今はリモートワークで充実しながら働いている実話

みなさんも転職回数なんか気にしないで自分のすきな仕事、楽しいと思える仕事に就いちゃってください!アクティブアクティブ!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-誰もが一度は気になること
-,

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.