やりたいことがない

日常生活の悩み

25年間やりたいことがなかった自分がやりたい仕事を見つけるまでの過程を綴る

投稿日:

やりたいことがないっていうのが今の若者が抱えがちな悩みらしいですね。

草食系だのさとり世代だのと言われる現在(2018年)の若者たちはどちらかというと燃えるような意欲はなく、安定を求める傾向が高いとニュースでやっていました。

小さい頃から「現実」を見て育ってるからこそなのかな?と私は思うのですが、そうなってくると

「やりたいことがない・見つからない」

という悩みが出てくるわけです。

草食系だの悟りだの言われてますが、ほんとは好きなことを見つけたい!楽しく生きたいって思っていると思うんです。

だからこそ

「やりたいことがない」

と検索してこのページを見ていると思います。

今回はそんなやりたいことがないという人に向けて私がやりたいことを見つけるまでのお話を少しさせていただきたいと思います。

この記事を読んでやりたいことがみつからないという悩みを持っている人の参考になれれば幸いです。

スポンサーリンク

25年間やりたいことがなかった私

生まれてから25年間私はやりたいことなんて考えたこともなかったです。

  • なんとなく野球部に入って(華麗にベンチ外)
  • なんとなく高校に行って
  • なんとなく就職して

中学生の時の立志式では

sasakiさん
私は公務員になりたいです。なぜなら安定しているからです。(ドヤ!!!)

なんて言ってましたからね 笑

なんとも夢がない子供でした。

社会に出てもとりあえず働いとくか〜なんて思ってて、そんななんとなくで働いていて長続きするわけもなく…

ちょうどリーマンショックと重なっている時期で

sasakiさん
とりあえず正社員で。安定したい

なんて考えていて、やりたいことなんてなんにも考えてませんでした。

当時なんて仕事行ってパチンコ行って、やみくもに欲しくもないものを周りに合わせて買っちゃったりなど、今考えると

こいつはなにをやってるんだ?

とつっこみたくなるような自堕落な生活を送っていました。

sasakiさん
たいして楽しくもないものをみんなにあわせてやってるだけ。そんな毎日に嫌気がさし始めたのが24くらいだね

やりたいことなんて簡単に見つかるはずもなく…

sasakiさん
なんでもいいから自分が夢中になれることを見つけたい

誰かに合わせるのではなく、自分が本当にやりたいことを見つけたい!…とは思っても、いかんせん今までやりたいことに目を向けて生きていないので、なにをしたいのかさっぱりわかりませんでした。

とりあえず何かしらやってみよう!

と思い

仕事内容を変えてもらったり…

1人でふらふらとあてもなくでかけてみたり…

おいしいと評判のお店を渡り歩いたり…

無駄に自己啓発本を買い漁ったり…

お酒が飲めないのに無理してみたり→[お酒が飲めない人向け]会社の飲み会を楽しく過ごすための8つのコツ

sasakiさん
やばい!!どれも全然しっくりこない…

自分は楽しいと本気で思えることなんてないんじゃないか?なんでこんなにドライな性格なんだ??

と自問自答を繰り返しながら、日々特に変わらない毎日を過ごしていました。

 

当時は結構ブラックな環境で働いていたという背景が有り、自分の中で

sasakiさん
仕事辞めたい!でもやりたいことがない!!なにやっても同じ気持ちなりそう!でも若い内になにかしら自分の好きなことを見つけたい!

というような思いがぐるぐる回って焦っているのに何もできない歯がゆさがすんごく有りました。

人生の転機「仕事が嫌いなこと」ってもしかして…

私が24歳くらいのときですが、当時(2014年)はリーマンショックの不景気も少しずつ回復してきて

働けるだけでありがたい

というような風潮もなくなりつつ有りました。

そうなるとブラック企業やパワハラという言葉が流行りだしてきて、ブラックな環境で働いていた私にとってはすんごく嬉しかったのを覚えています。

sasakiさん
今までは「それが社会だから!!」って言われてきたことがおかしいことだって認められ始めた…自分も同じ立場の人になにかできることはないかな?

と思い始めて、仕事の悩みを解決するためのブログを作成したんです。

アクセスが増え始めて自分と同じ立場の人たちから温かいコメントや仕事の相談を持ちかけられた時に

sasakiさん
これだ…俺は…俺は!!!!これがやりたかったんだ!!!!!!

と思いましたね。

そこから収入が発生するようになり、ネットってすごいんだな!!と思ったのが今でもすごい印象深いです。

そこからは当時まで努めていた会社を25歳で退職し、時間の融通が効くところで働きながらネットに夢中になって記事を書き続けてきました。

そして27の時にこれまでの経験を活かした仕事をしたいと思い。

ウェブ制作会社に転職しました

sasakiさん
なんていうかね…楽しいよ!!!ほんっとに楽しい!

仕事としてウェブに取り組んだことはなく、あくまで自分の好きなこととして好きなようにやってきただけの自分を雇ってくれた今の社長には本当に感謝しています。

その他にもウェブのマーケティングだったりライターの仕事も個人でさせていただいてますし、一気に視界が明るくなりましたよ。

そうした経験からやりたいことを見つけるために私が必要だと思うこと

やりたい仕事

きっとやりたいことを見つけようとしても見つけるのは難しいと思います。

なぜならやりたいこと自体の経験がなく不透明だからです。

ではどうすればいいのか?

それは普段からアンテナを広げておく、広い知識を身に着けておくことだと思います。

普段なにげなく毎日を送ってしまうとどんどん視野って狭くなっちゃうんですよ。

そして今自分が見えている世界しかわからなくなってしまうんです。そうなるとどうなるか?

人生の選択肢が極端に狭まってしまうんですよ

例えば私の場合は、無駄に自己啓発の本やビジネスの本を読んでいたからこそ、仕事で悩む人のために何が出来るのか?と考えた時に

サイトを作成する。ブログを作成する。

という選択ができたんです。

やりたいことを見つけられそうなチャンスがあっても知識がなければ、視野が狭ければ、見つけられそうでもその方法がわからなくてスルーしてしまうんですよ。

それを避けるためにはやっぱりいろんな情報を集めておこう。これに尽きると思います。

  • 本を読んだり
  • ニュースを見たり
  • 普段しないことをしてみたり
  • 短期で一日だけバイトしてみたり

方法はたっくさんあります。

ただそれはやりたいことを見つけるためにするのではなく

やりたいことが見つけられそうなチャンスを見逃さない為に行うんです。

少しでも知識があれば、一気に世界は広がります。わからないから目にも止めていなかったこと、気にもしていなかったことってたくさんありませんか?

勝手に嫌い認定していること、自分には無理だと思っていること。本当に無理なのでしょうか?本当に嫌いなのでしょうか?

 

私は子供時代は読書鑑賞分なんか大嫌いで、本の冒頭のコピペで原稿用紙一枚を稼ぐような男でした。

サイト作成を始めるまでは、経験なんてまったくなかったです。というかパソコン自体持ってなかったです。

仕事だって接客と製造業の経験しかありませんでした。そしてパチンコ大好きでしたしね。

昔の自分では絶対に選択肢になかったようなことが「やりたいこと」だったなんて今思い返してもびっくりです。

 

だからこそ知らないってすごくもったいないことです。

知らないことは自己責任です。知らないのが悪いんでしょ?で終わります。

聞いてもいい。調べてもいい。その繰り返しがきっと「やりたいことがない」状況を脱する一番の近道なのではないでしょうか?

まとめ

今回は「やりたいことがない」と思い悩んでいる人を対象に、25年間やりたいことが見つからず、くすぶっていた私からアドバイスのようなことをさせていただきました。

やりたいことがない辛さは痛いくらいわかります。

でも今のままでは見つかるものも見つからない可能性があります。

今回一番伝えたかった、視野を拡げることと知識をみにつけること。これを意識して生活してみてください!きっとやりたいことがおのずとわかってくるはずです!

以前私が書いた

つまらない人生に終止符を打つ!抜け出すために意識すべき13のこと

なんかも合わせてみてもらえるともっと理解が深まると思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!コメントやブックマークしていただけると嬉しいです。相談なども乗りますのでその際はお問い合わせからお気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-日常生活の悩み
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.