やりたい仕事がない

仕事の悩み

「やりたい仕事がない」は求められる立場ではないから思うこと

投稿日:

やりたい仕事がない…と悩んでいませんか?

やりたい仕事といっても考え方は人それぞれで職種を指す人もいますし、勤務条件を指す人も、人間関係を指す人もいます。

ここで問題ですが、やりたい仕事に付けている人はどれくらいいるでしょうか?

きっと自分がやりたいことがなんなのかわからないという人が大半だと思います。

 

そんなやりたい仕事を見つけるためにはどうすればいいのか?と考えたときに方法は1つしかないと私は思ったんです。

その方法は

求めるのではなく求められる

ということです。順を追って詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

やりたい仕事がないのは何が原因?

やりたい仕事がない原因として上記で挙げたように自分がやりたいことがわからないということがあると思います。

わからないままふらふらと彷徨ってもきっと答えは出てこないでしょう。

それともうひとつ、今まで全力で頑張ったことが一度もないということも挙げられます。

体験、経験を積まなかったからこそ何が自分に向いているのか?何が好きなのか?がわからないんです。

 

原因を2つほど挙げましたが、ここで求めるよりも求められることが関係してきます。

求めるタイプと求められるタイプの違い

やりたい仕事がない

求める求められるは仕事では特に大事です。

転職を例に考えてみましょう。

求めるタイプの人

スキルもなく、仕事もできるわけでもない人はやりたいと思う仕事に就くことは非常に難しいです

それはなぜかというと、転職の際企業は「あなたのこれまでの実績や努力を証明できるもの」を見るからです。

例え経験があってもそこで活躍できてなければ正直いらないと思われますし、この人のここに賭けてみたい!というような目立った長所もないのも理由の一つです。

それにそういった方は企業から求められません。自分から雇ってくださいと求める側なので会社が定めたルールというレールから決して外れることはできないのです。

転職を仮に失敗してしまっても受け皿などは当然なく、もがけばもがくほど低収入、劣悪な職場環境に陥ってしまいます。

きっとやりたいことを見つけても手が届かないと諦めてしまうでしょう。

sasakiさん
辛口だなぁと思わないで。大概の人がそうだよ!もちろん私もね!

求められるタイプの人

一方求められるタイプの人はスキルもあり、1つの分野で人と大きく差をつけている部分があるので、自分から転職活動をしなくとも、勝手に企業が求めてきます。

企業側に求められている以上、給料も職場環境も勤務条件もいくらでも交渉が可能です。

その結果自分がやりたいと思える仕事を自分で構築することができます。

得意な分野、スキルがある分野で活躍ができるため、自ずと仕事にやりがいを見出せます。

活躍ができるとできることも増え行動範囲が広くなり、今やっていることよりも自分に向いているものを見つけるきっかけにもあります。

もしも、その転職に失敗したとしても企業から求められている以上、何も困ることはないですし、仮に転職回数が多かったとしても企業にとってはそれ以上のメリットがあることが明白なので気にもされずに好きな会社を選ぶことができます。

なのでそもそもやりたい仕事がないと悩むことがないのです。

やりたい仕事がないんじゃなくて就けないという現実を受け入れよう

2つのタイプを紹介しましたがどう感じたでしょう?

どちらにも選ぶ権利はありますが、選ばれる権利と考えたときにどう考えても後者の方が有利だと思うはずです。

結局やりたい仕事なんていうのは過去を振り返ったときに「あ、この仕事が自分がやりたかったことなんだな」と思い返すものなんです。

 

はっきり言ってしまうと仕事ができない、スキル、資格、実績、経験がない人に対しては

「やりたい仕事がないとかいってんじゃねぇよ!だったら起業しろや!そんなのなにかできてからいえや!」

というのがきっと企業側の本音ですし、何もしてきてない人がやりたい仕事なんて語るなよと思うはずです。

世の中が「弱肉強食」なのは皆さんだれもが理解していると思います。

弱い者はやりたい仕事すら見つけることができないんです。

今こうして「やりたい仕事がない」と悩んでいる方には痛い言葉かもしれませんが

  • あなたはどこで通用するの?
  • やりたい仕事の前に何ができるの?
  • 努力を捨てて楽したいだけじゃないの?

私自身書いていて自分も心が痛くなるんですが…まさにそうなんですよ。

やりたい仕事がないと悩む前にまずはやりたい仕事を見つけても就けないという現実をまずは受け入れましょう。

次からはやりたい仕事を見つけるため、求められるにはどうすればいいかについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

どうすれば求められる側になれるの?

やりたい仕事がない

特化した能力を身に付ける

これは本当に簡単なことです。

なにか1つでも全力で真面目に頑張ってみる。これ以外ないです。

やりたい仕事をしている人も、お金持ちの人も、充実した仕事生活を送っている人も共通して

なにか1つでも特化した能力

を身につけています。

一つでも特化していればそれだけでご飯は食べていけますし、自分が特化している部分を求められているので自分がやりたくないことは正直しなくてもいいんです。

「今の仕事でなにかに特化してもどうしようもないし…」

などを言いそうな人がいますが、だからこそやりたい仕事が見つからないんです。

sasakiさん
それじゃあ仕事終わりの時間にあなたは何をしてるのさ?やりたい仕事を見つけるのはそんな甘いことじゃないよ?

というようにいくらでも時間はあるんです。ないとは言わせませんよ?

どんなことにもチャレンジしてみるしかない

大体世の中の大概の人が他力本願であまり自分から進んで動こうとしません。

ですがやりたい仕事が見つからないと悩んでいる以上、いつまでもくすぶっているわけにもいかないんです。

  • さまざまな職種の単発バイトをしてみる
  • 農家、工場などの体験に申し込んでみる
  • 客の立場で訪問し、仕事を観察する

などの方法がたくさんあるわけじゃないですか?こういうことってしてますか?

動かない限りは興味のある仕事は見つかりません。文面だけで興味が湧いたり「やってみたい!」と思うほど人間は単純じゃないんです。

仕事ができない、スキルも資格もなければ実績もないような人だったとしても、今の自分の環境があっていないだけだと私は思います。

ではどうするか?自分で探すしかないんです。

その中で

■「自分これ好きかも」

■「これをしているときはなんだか気分いい」

■「なんだかピンときた!」

ということを見つけ突き詰めていけばいいんです。

ただなんとなく過ごしてはいけない

どんなことが自分の運命を大きく変えることになるかはわからないものです。

そういった変化の兆しはただなんとなく過ごしていては受信することができません。

上記で説明したようになにかしらの特化した能力がない限りは求められる側にはなれません。

なれないからといって起業ができるか?出来る人はほとんどいないと思います。

 

だからこそ、今までのようにただなんとなく過ごしていてはダメなんです。

これはやりたい仕事云々だけではなくさまざまなことでも言えることで

ただなんとなく働いてただなんとなく生活している人は充実感も達成感もやりがいも楽しみも感じることができないんです。

 

やりたい仕事は過去を振り返ったときに「あ、これが自分がやりたかったことなんだな」と思うものと言いましたが、今のままでは絶対にやりたかったことなんだなと思うことはできないでしょう。

だからこそ、一日一日を大切に、自分なりにいろいろチャレンジして体験、経験を積み、これだと思うものを全力で取り組みましょう。

そんな時間がない!というのなら

うちの会社は残業も多いし、休日出勤だってあるんだ!

そんな中でやりたい仕事を見つけろだって?無理だよ!

という方もいると思います。

sasakiさん
………仕事やめればいいんじゃないですか?

やりたい仕事がないと悩むということは今の仕事が合わないと考えていて、自分にとってやりがいのある、楽しめる仕事に就きたいってことですよね?

だったら定時であがれる誰にでもできるような仕事に切り替えてやりたい仕事を探せばいいと思います。

結局ですよ?

  • 面接の練習大変だ…
  • 転職回数多いけど大丈夫かなぁ…
  • 学歴が心配…
  • 資格何もないなぁ…

と悩むのって求める立場で自信を持ってアピールできることがないからなんですよ。

仮に

10年間真面目に努めて無遅刻無欠席、どんな仕事もYESで頑張ってきた人が同業種に転職

異業種の転職を繰り返し資格もないが、転職先で求められるスキルを独学で自分の力だけで収入を得るノウハウ、実績を身につけた人

どちらが受かるか?と聞かれたら企業の体質によりますがほぼ後者なんですよ。

いくら頑張ってきた!長く勤めてきた!をアピールしても、実績には絶対勝てません。

なぜなら企業は人が云々よりも会社にどれだけ利益をもたらすか?が大事だからです。

そうして自分の強みを活かせる人は様々な人から求められることによって「この仕事は自分がやりたかった仕事なんだな」と思うのです。

なのでやりたい仕事がない!でも見つける時間もないよ…というのなら今の仕事を辞めてみたら?と気軽に言えてしまうのです。

まとめ

今回は「やりたい仕事がない」と悩む人をテーマにやりたい仕事を見つけるためには

求められる立場

になるしかないという内容の記事を書かせていただきました!

こういった偉そうなことを書いておきながら実際のところ私は求められる立場ではないです。

求められる存在になれるように努力はしていますが、一夕一丁にできることではないです。

今は自分が「これだ!」と思えることを見つけてスキルを身につけている段階ですが、その過程を振り返ってみると秋っぽかった私が続いているくらいなので「やりたい仕事」だったんだなと感じています。

みなさんも「やりたい仕事」を見つけられるように視野を広くして全力で頑張ってみましょう!

sasakiさん
でもそれなりのリスクはあることを理解してね。自分の場合は大手の会社を退職したからさ

今回の記事に関連する記事を紹介させていただきます!ぜひ合わせて読んでみてください!

仕事ができない人がやってしまいがちな三大習慣とその改善策

ダメ社員に共通する特徴4つと対処法、してはいけない対応など

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-仕事の悩み
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.