残業したくない

残業問題

残業したくない人へ!初級上級編に分けて残業を減らす方法を紹介します

投稿日:2017年12月10日 更新日:

仕事にはどうしても残業がつきものです。

急に残業が舞い込んだり、または毎日のように残業が

慢性化しているところもあることでしょう。

自分の貴重な時間を使って働いているわけですから、

なるべくなら働く時間は少なくしたいというのがみなさんの本音ではないでしょうか?

 

私自身も以前、残業が多い職場で働いていたことが有り、

今でも残業という言葉を聞くだけで

心臓がハカハカしてしまうほどトラウマになっています。

 

残業なんてほんとはしたくないのに断れないのってほんとに辛いですよね。

 

今回はそんな残業をしたくないというみなさんの切実な願いを

叶えるべく、私が実際に使用していた残業をなるべく減らす方法を

  • 初級編
  • 上級編

に分けて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

残業を減らす方法(初級編)

悩みくん
残業ってムカつくよね。強制じゃないけどそれを言わせぬ空気を人や会社が作ってるのがむかつく。部活で言うとやる気があるやつは午後も残って練習だ!みたいな。遠まわしに残らんやつはやる気がないって判断するぞ的な脅しが含まれてるっていうか。うんムカつく。
解決くん
いつになく饒舌だね!よほど残業に対して恨みがあるように感じる
悩みくん
当たり前だろ!平日なんだからどうせ予定ないでしょ?断らないよね?みたいなさ!予定はなくてもしたくはないんだよ!気分がのらないんだよ!ゴロゴロしたいんだよ!でもはっきり断れない俺の中途半端な善意がフラストレーションを加速させる。
解決くん
残業したくないという気持ちは痛いほど伝わったよ。それじゃあ残業をなるべく減らす方法をこれから紹介していくからそんなに興奮しないで!

普段から残業反対派を貫く

この方法は私がよく使っていた方法なのですが、

例えば朝に

「今日は残業です」

なんて言われた時、休憩所で

「うわー…ほんっとだるい」

「残業ホントやだ」

という会話をする人が必ずいます。私自身7社ほど職場を転々としてきましたが

こういった会話をしない人というのは見たことがありません。

 

この会話に混ざり、自分も残業なんてしたくないんだということを

遠まわしに周りに伝えましょう。

 

これによってどんな効果があるか?

もし仮に残業をしないで断って帰った時、

あなたは多少なりとも罪悪感を感じることでしょうし、

周りもなんなんだあいつは?と思う方が一人はいるでしょう。

 

しかし!!!

 

普段から残業をしたくないと語り合い、

固い絆で結ばれた仲間はあなたのことを決して悪く言いません。

  • 「あんなのやってれないよね。帰って正解だよ」
  • 「おれも多分帰ってたよ。」
  • 「毎回毎回残業とかふざけてるよね」

などとあなたをきっとフォローしてくれるでしょう。

それによってあなたの気持ちは幾分か軽くなることでしょう。

この記事にはきっと

残業をしたくないと思っているのに断れない

という人が多いと思います。

だからこそ悩み、辛い思いをしているのでしょう。

 

私もでしたが、人の目って気になっちゃうんですよね。

  • 残業しないとだれかに迷惑がかかるから断れない
  • あの人に幻滅されるかも
  • 上司の評価が下がるかも

などなど周りの目が気になって断れないことが多かったです。

ですがこの方法を使うと、残業をしなくても理解してくれる

仲間

がいるのです。これほど心強いものはないと思いませんか?

これによって私は幾分か気持ちも軽くなり、残業も

「今日はごめんなさい」

と言いやすくなりました。結果残業時間を減らすことに成功しました。

悩みくん
普段から反乱分子に共感することで心のダメージを最小化するのか…赤信号、みんなで渡れば怖くない的なやつだな。策士なり
解決くん
言い方考えようね。別な言い方きっとあったはずだよ。

普段から何気ない恩を売りつけておく

これも私がよく使っていた方法なのですが

いろいろな人にたいしたことはない恩を売っておきます。

例えば

  • ジュースをおごる
  • ガムをボトルで買って仕事場に共有としておいておく
  • 相手が体調不良の時に仕事をすこし手伝う
  • ごみ捨てを率先して行う

こういったことを日々繰り返していると残業を代わってくれる人が

ちらほやできてきます。

「今日ちょっと残業したくないんだよね。なんか疲れた」

「しょうがねぇーなぁ」

といった具合いに恩を日頃から売ることで残業を回避することができるのです。

 

ポイントとしては継続して少しずつ積み重ねることです。

それでいて残業を代わってもらいたい時は正直に残業をしない理由を言いましょう。

  • 今日デートなんだよね!
  • なんか今日は残業っていうような気分じゃない
  • 友達の誘いがあってさ
  • 合コンでこの日に全てをかけてる

などのように正直に話すことによって

変に嘘臭いような理由ではないので

「しょうがないなまったく。」

と思ってもらえる可能性が高いです。

 

しかし、その逆もしかりで上記のような信頼関係を気づくと

代わってほしいと頼まれることもあります。

その場合は笑顔でふたつ返事してあげましょう。

 

私の場合は会社の都合で理不尽に残業が発生するのにムカついていて、

例えば体調不良の人の代わりにとか上記のように誰かの為に

残業することは特に嫌だとは思わなかったので笑顔でふたつ返事をしていました。

 

相手の代わりに残業が入る可能性があったとしても

どうしても残業したくない。今日は帰ってやりたいことがある!

というような大事な日に気軽に代わってもらえる存在ができるということは

 

残業をしたくないと悩んでいる我々にとっては非常に嬉しいことなのではないでしょうか?

 

悩みくん
さっきからやり方がえげつない気がするのは自分だけ?
解決くん
初級編だからね。簡単に残業を減らすためなら多少のグレーゾーンを突っ走る必要があるのよ

スポンサーリンク

残業を減らす方法(上級編)

悩みくん
ここの管理人はなんていうか、心に闇があるよね。初級編はたしかに簡単だけどやり方がえぐい
解決くん
ここの管理人は基本的に残業を「悪の根源」と見なしているからね。目には目を歯には歯をという考え方なんだよ
悩みくん
それくらいの気持ちがないと残業は減らせないってことか…上級編も実際に管理人が行ったことなんでしょ?
解決くん
そうだね!今回の記事は全部管理人が実際にやっていたことだからね!んじゃ早速残業を減らす方法上級編いってみようか。上級編は難しいことだけど効果はてきめんだからぜひ読んでね!

仕事はただの生活するだけの手段だと完璧に割り切る

私の場合は、残業しないと生活が厳しいのなら

生活を切り詰めてでも残業はしたくない

というくらい残業はしたくなかったので、

仕事は生活するためのただの手段だと割り切りました。

そう思うことによって何をしたのかというと

  • 誰にどう思われても全く気にしない
  • 残業を頼まれてもほぼ断る
  • そのかわり定時の時間内はしっかりと仕事をこなす

以上のことを徹底して行いました。

こんなことできないよ!という方がほとんどだと思いますが

あるきっかけがあってこの考えに至りました。

 

毎日3~4時間残業させられる状況で流石に疲れた。もう残業したくない。

ということを伝えたところ

「金は出してるんだから文句言うな、みんなも我慢してるんだ」

といわれ、

(いや、もらわなくても生活できるんだよ。

ってことは俺は残業してやってんだよ

みんな我慢するからってなんで俺が我慢する理由になるんだ?

人の善意につけ込んで残業に強制力つけやがって

もう決めた。

残業しない。どう思われたっていいよ

だって俺残業したくないんだもん)

というきっかけがあったんですよね。

悩みくん
ここまでくるとあっぱれとしか言いようがない
解決くん
でも気持ちはわかるよね。自分の心に素直に従って生きることは大事だよ。それができなくて苦しんでる人ってたくさんいると思うから。むしろきっかけがあって素直に生きられるようになったことはメリットなんじゃないかな?

出世して自分の考えを貫き通す

実は私、一度職場の人達をまとめて仕事を指示したりする

ポジションについた事があります。

その職場も残業が慢性化しており職場の人達の不満が常のようなところでした。

残業というのは上のポジションの人たちがさらに上の人たちから

無理難題な仕事の指示

を引き受けてしまうからこそ発生することが多く、それらを私はばっさりと

「難しいです。できないわけではなく、もっと時間をください」

と言ってなんとか働く人たちの負担を減らすようにしていました。

  • 朝の必要のないミーティングをなくす
  • 仕事の合間にできることなのに仕事終わりにしかやっちゃダメだという謎の仕事をなくす
  • 効率的に動けるように事前の段取りを自分がやっておく
  • 残業してやらなければいけないことを仕事中に交代してその間にやってもらう

など様々な策を投じて一日の残業時間を1時間ほど減らすことができました。

もちろん自分が一番残業をしたくないからこそやったことです。

指示できるような立場になればこのように残業を減らすことができます。

悩みくん
こんな上司がいたら最高だよなぁ。上司ってこういう人なかなかいないよなぁ…
解決くん
そりゃ会社にとって都合がいいからね!なんでも言う事を聞く人が上司になるのは悲しいことだけど仕方がないんだ…上記のような上司になればたしかに残業っていう問題はある程度解決するよね。
解決くん
もしも俺が出世して残業をなくしてやるぜ!と思ったなら出世する人の特徴から見えた出世する方法をあわせて読んでみてね!

体育会系の人を黙らせる

残業が発生する要因には

体育会系の人

が絡んでくることが非常に多いです。

なぜなら彼らは

  • 気合が入っているかどうか?
  • やる気があるかどうか?
  • 頑張るとはどういうことか?

をいかに自分を犠牲にするかだと勘違いしている人が多いので

どうしても

残業する=頑張っている、気合が入ってる、やる気がある

というような判断基準をしがちです。

そして体育会系の人は上下関係も厳しく、集団行動をこれでもかと大事にするので

「俺が残っているのに帰るのか?」

というような付き合い残業が発生してしまいがちです。

 

残業をしたくないのならいかに体育会系の人を黙らせるか?

が大事になってきます。

私が実際に使った手としては

感情論では相手に勝ち目がないので理屈攻めで押し通すということです。

実際あったこととして

体育「お前、みんな頑張っている中帰るなんてやる気ないんじゃないか?

頑張ってないように見えるぞ。」

私「いや、違いますよ。みてました?こっちは早く帰れるように

事前に段取りもして、仕事の合間に片付けもして

早く終われるように工夫してるんですよ

体育「それがなんだ?みんな苦しいのに我慢して頑張ってんのわかんねぇのか?

手伝うのが当たり前だろおい

私「そちらのいう頑張るってなんですか?

工夫すれば早く終わることを

工夫もしないでやってるくせに我慢してるってなんですか?

俺は出来ることもやらないで残業してることは

給料泥棒としか思いません。

それをあなたはやる気がないや頑張ってないと判断するんですね?」

……………

のように相手を黙らせました。

そのあとは周りの人達に

よくいってくれた!自分は勇気がなくて言えなかった。

と言われ付き合い残業もなくなり、残業をなくすために工夫をしよう

という職場の雰囲気を作ることもできて結果残業は減りました。

悩みくん
たしかに体育会系の人は残業をしたくない人にとってはどうにかしておきたい存在だな
解決くん
何かを変える。これまでの常識をぶっ壊すには勇気が絶対に必要なんだ!誰かが何とかしてくれるって考えは捨てるべきかもしれないね。

副収入という後ろ盾を得る

お金のために残業はしたくないけど仕方なく…

という人もいるでしょう。

私はそれを副収入を得ることによって解決しました。

私の場合はこのサイトのようにいろいろなサイトを作り広告収入を得ているのですが、

 

このおかげで残業を断ることが容易にできるようになりました。

なぜかというと残業をしなくてもまったく痛くも痒くもないから。

 

周りに悪く思われたくない、クビになりたくないということも

まったく考えなくなりましたね。

なぜなら仕事を辞めてもそこまでお金に困ることがなくなったから。

 

仕事はお金を得るために嫌々しているという人が大半でしょう。

そのお金が別のところからも入ってくるという心の余裕は

貴方が思っている以上に自分を強くさせます。

 

悩みくん
残業したくないって気持ちもここまで来るとかっこよく見えるから不思議
解決くん
残業が嫌だ!という気持ちをプラス要素に転換できているいい例だね

残業がしたくないなら潔く転職する

残業をしたくないと思っている人にとって転職するということは

一番手っ取り早く、それでいて一番難しいこと

でしょう。

たしかに今の仕事を辞めて違うところに!ということは言うのは簡単です。

ですがなかなか気持ちの面で踏ん切りがつかないという方がほとんどではないでしょうか?

正直残業がないところを探すなんて簡単なことです。

 

しかし

  • 将来性
  • 給料
  • 待遇

などいろいろなことを考えてしまって一歩が踏み出せないものです。

だからこそ、今一度考えてみてください。

私は残業をすることで失うことが多いと思っています。

  • 疲れ果てて
  • 家に帰って寝るだけの一日
  • 何もできない
  • 時間もない

そんなデメリットを背負って見返りが次の月の数万なんですよ。

その数万というものに費やした時間を自分がやりたいこと

に使ったほうが時間の使い方としては理想的だと私は思います。

 

だからこそ今一度お金と時間を天秤にかけてください。

あなたはどちらを大切にして生きていきたいですか?

 

私は時間をとり、ぱぱっと転職しちゃいました。

残業をしていると正直心がすさむんですよね。

 

こんな思いするくらいならと思い今は残業がほとんどない職場で

ゆるーく働いています。

どちらがいいかは人それぞれ違うので、こうしろ!とは言えないですが

1ついえることは

残業ないって幸せ

ってことですね。

悩みくん
幸せの感じ方は人それぞれだからな。誰かがとかじゃなく[自分]がどうしたいのかを考えるのが一番後悔しない生き方だよな!
解決くん
そうだよね!結構勘違いしてる人が多いけど、どんなことでも全部[自分]が選択したことなんだよね。残業を決めるのは[相手]だけど、残業をするかしないか決めるのは[自分]だからね!自分にとって一番大事なことはなんなのか考えてみよう!

まとめ

今回は残業をしたくないと悩んでいる人のために

残業を減らすために出来ることを

・初級編

・上級編

と分けて紹介させていただきました。

どちらも共通していることは

自分が動かなければ何も変わらない

ということです。

 

なにをするにもそれなりのリスクと努力がつきものです。

それができないというのであれば

厳しい言い方ではありますが

したくない!できない!

と言えるような立場ではないということです。

 

この記事によってすこしでも残業をしたくないと思っている方の

力になれれば幸いです

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 

残業をしたくないということは

仕事に対してあまりいいイメージを持っていない

という方が多いと思いますのであわせて

仕事が嫌いになる原因からみえた4つの効果的な解決策

もご覧になってみてください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
sasaki ryo

sasaki ryo

サイト管理人ささきりょうです。 2019年2月から1日1記事更新中。 メガネが基本レインボーに光ってる(拭く頻度があれなのよね) twitter更新もゆるくやってるよ。フォローしてね☆

-残業問題
-

Copyright© ササログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.